マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら
社説
詳細をみる
12/22Up!
全国学力調査 本来の趣旨を忘れずに
 今年の全国学力調査で、学校の教科の平均正答率を市区町村が公表した割合は、2%にとどまった。全校の成績を公表した都道府県もなかった。文部科学省の調査…………
12/22Up!
認知症対策 早期診断いかすには
 高齢化に伴って増え続ける認知症。5年で65万人増えるとの推計がある。軽度認知障害と呼ばれる予備軍も含めれば800万人超とされる。検査技術の進歩もあ…………
12/21Up!
核の非人道性 被爆者の訴えを外交に
 戦後70年近く、核廃絶を願ってきた広島や長崎の被爆者の思いが、まだ無視されている。  国際社会からではなく、日本政府からである。政策にいつまでたっ…………
天声人語
詳細をみる
12/22Up!
テロを生む「悪しき希望」
 港湾労働をしながら思索を深め、「波止場の哲人」と呼ばれた米国人エリック・ホッファーが次の言葉を残している。「不平不満をもつことは、人生に目的をもつ…………
12/21Up!
新たに買う日記帳
 日本の古典の中で、なじみ深い書き出しの一つだろう。「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」。名高い歌人の紀貫之(きのつらゆき)が女…………
12/20Up!
東京駅が開業100周年
 作家の内田百けん(ひゃっけん)は自分に言い聞かせた。〈少しく落ちつかなければいけない〉。国鉄職員の訪問を受けて東京駅の一日名誉駅長になってほしいと…………
ひと
詳細をみる
12/22Up!
「ダム撤去映画」をつくった米国人生物学者 マット・シュテッカーさん
 川の本来の姿と美しい魚を取り戻すため、ダムをなくそう。  米国には、こう訴えるたくさんの環境活動家や芸術家がいる。そんな「ダムバスター」たちの活動…………
12/22Up!
世界の紛争地に笑いを届ける落語家 笑福亭鶴笑さん
 人見知りでシャイなのに、笑わせるためなら大胆になる。十八番のパペット落語は、ひざに仕込んだ手作りの人形や小道具を使って繰り広げる一人格闘劇。言葉を…………
12/19Up!
5度目の歩き遍路を遂げた韓国人 崔象喜さん
 四国八十八カ所霊場を巡るお遍路さんに気さくに話しかけ、周囲によく人の輪ができている。「韓国は嫌い」と言われることもあるが、「私のことは嫌いにならな…………