マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

社説

朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」で最新の時事を読む

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」を過去3カ月分閲覧できます。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

社説 記事一覧

衆院選 辺野古の海 沖縄だけの問題か (2017/10/19)
  沖縄における衆院選最大の争点は、引き続き米軍の普天間飛行場問題だ。名護市辺野古への移設阻止をかかげる翁長雄志知事を支持する「オール沖縄」勢力と、容認の自民候補…………全文>>
中国共産党 疑問尽きぬ「強国」構想 (2017/10/19)
  30年かけて強国を築き上げる――。きのう始まった中国共産党大会で習近平(シーチンピン)・党総書記(国家主席)が、そう宣言した。2千人余りの党代表を前に、自信に…………全文>>
俳句掲載拒否 事なかれの先にある闇 (2017/10/18)
  自治体にひろがる事なかれ主義と、見当違いの「中立」墨守に警鐘を鳴らす判決だ。  「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」。さいたま市がこの俳句を地元の公民館だよりに…………全文>>
衆院選 財政再建 将来世代への責務だ (2017/10/18)
  消費増税と財政再建の議論が、いっこうに深まらない。  安倍首相は衆院解散の理由として、消費増税分の使途変更を挙げた。19年10月に税率を10%に上げることで新…………全文>>
衆院選 教育無償化 優先順位とメリハリを (2017/10/17)
  未来への投資、という前向きな感じゆえか。各党が「教育無償化」を公約に掲げている。  消費税を10%にする際に使い道を変え、幼児教育の無償化などに充てる。自民党…………全文>>
衆院選 知る権利 民主主義の明日を占う (2017/10/17)
  安倍政権がないがしろにしてきたもの。そのひとつに、国民の「知る権利」がある。  政府がもつ情報の公開を求める権利は、国民主権の理念を実現し、民主主義を築いてい…………全文>>
衆院選 憲法論議 国民主権の深化のために (2017/10/16)
  憲法改正の是非が衆院選の焦点のひとつになっている。  自民党、希望の党などが公約に具体的な改憲項目を盛り込んだ。報道各社の情勢調査では、改憲に前向きな政党が、…………全文>>
衆院選 沖縄の負担 悲鳴と怒り、耳澄ませ (2017/10/15)
  沖縄の悲鳴と怒りに、衆院選にのぞんでいる政党・候補者は改めて耳を傾け、それをわがこととしなければならない。  米軍の大型輸送ヘリコプターが東村(ひがしそん)高…………全文>>
神戸製鋼不正 経営責任が問われる (2017/10/15)
  不正の闇はどこまで広く、根深いのか。神戸製鋼所の検査データ改ざん問題である。  自社の製品が、取引先の求める基準を満たしていないのに、品質データを書き換えて適…………全文>>
衆院選 アベノミクス論争 「つぎはぎ」の限界直視を (2017/10/14)
  第2次安倍政権の発足以来、「アベノミクス」をめぐる議論が間断なく繰り返されてきた。政権は成果を誇り、「加速」が必要だと主張する。一方、野党からは「実感がない」…………全文>>
衆院選 安保法と憲法9条 さらなる逸脱を許すのか (2017/10/13)
  「憲法違反」の反対論のうねりを押し切り、安倍政権が安全保障関連法を強行成立させてから、初めての衆院選である。  安倍首相は、安保法によって「はるかに日米同盟の…………全文>>
衆院選 安倍首相 説明になっていない (2017/10/12)
  安倍政権の5年が問われる衆院選である。  安全保障関連法やアベノミクス、原発政策など大事な政策論議の前にまず、指摘しておかねばならないことがある。  森友学園…………全文>>
原発賠償判決 国は「安全神話」猛省を (2017/10/12)
  その土地で生まれ、育ち、仕事をし、多くの人とふれあいながら人格を形成していく――。  そんな幸せで穏やかな生活を根底から破壊した原発事故の罪深さに、思いをいた…………全文>>
衆院選 安倍政権への審判 民意こそ、政治を動かす (2017/10/11)
  近年まれにみる混沌(こんとん)とした幕開けである。  衆院選が公示され、22日の投開票に向けた論戦が始まった。  発端は、安倍首相による唐突な臨時国会冒頭解散…………全文>>