マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

社説

朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」で最新の時事を読む

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」を過去3カ月分閲覧できます。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

社説 記事一覧

個人と国家と憲法と 歴史の後戻りはさせない (2016/05/03)
  「自由とはいったい何であろうか。一口にいえば自分の良心に従って生きることである」  「私たちはどんな考えを持ってもよい」「どんな会合をやっても、どんな団体をつ…………全文>>
NHKの使命 政府の広報ではない (2016/05/02)
  NHKは、政府の広報機関ではない。当局の発表をただ伝えるだけでは、報道機関の使命は果たせない。  それは放送人としての「イロハのイ」だ。しかし、籾井勝人会長は…………全文>>
スポーツ強化 未成年の教育に配慮を (2016/05/02)
  スポーツ界で、また不祥事が発覚した。スノーボードの強化指定選手2人が大麻を使用したとして、全日本スキー連盟から処分された。  2人とも未成年である。本人たちの…………全文>>
日中外相会談 対話を軌道にのせよう (2016/05/01)
  改善に向かうのかどうか、なかなか方向感が定まらない。それが今の日中関係である。  岸田外相がきのう、北京で中国の王毅(ワンイー)外相と会談した。国際会議を除け…………全文>>
水俣病60年 解決遠い「公害の原点」 (2016/05/01)
  「公害の原点」とも言われる水俣病が公式確認されてから、きょうで60年になる。だが、被害者らの多くが「問題は解決していない」と考えている。  熊本学園大の水俣学…………全文>>
被災と子ども 心開ける場をつくろう (2016/04/30)
  いらいらする。黙りこむ。指しゃぶりをする。眠れない。  「また大きな地震が来たらどうしよう」と涙目で訴える。  熊本県を中心に続く地震で、心に傷を受けた子ども…………全文>>
日銀物価目標 現実見すえ、修正を (2016/04/30)
  日本銀行が物価を2%上昇させる目標時期をまた先送りした。新たな達成時期のめどはこれまでより半年延ばし、「2017年度中」である。  13年4月に黒田東彦総裁の…………全文>>
衆院選挙制度 自らを律せない立法府 (2016/04/29)
  住んでいる地域によって一票の価値に不平等が生じる。この理不尽を改めるためだったはずの衆院の選挙制度改革が、中途半端に終わることになった。  衆院の特別委員会で…………全文>>
安保違憲訴訟 司法の真価が問われる (2016/04/29)
  集団的自衛権の行使を認めた安保関連法は憲法に反するとして、市民ら約500人が東京地裁に訴えをおこした。今後も各地で提訴が予定されている。  裁判所は、正面から…………全文>>
秘密の監視 看過できぬ国会軽視 (2016/04/28)
  安倍内閣が特定秘密保護法の運用状況について、年1回の国会報告を閣議決定し、衆参両院議長に提出した。  3月末、衆院の情報監視審査会が特定秘密の件名について、「…………全文>>
三菱燃費不正 なぜまかり通ったのか (2016/04/28)
  なぜ四半世紀もの間、不正がまかり通ったのか。  燃費試験データの偽装が発覚した三菱自動車問題への疑念と怒りは、国土交通省への追加報告を経ても膨らむばかりだ。 …………全文>>
ヘイト法案 反差別の姿勢を明確に (2016/04/27)
  乱暴な言葉で特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを、どうなくしていくか。  自民、公明の両与党が国会に出した対策法案の審議が、参院法務委員会で続いて…………全文>>
チェルノブイリ 原発事故の過酷な教訓 (2016/04/27)
  旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発で、史上最悪の事故が起きて30年がたった。  人間には1世代にあたる長い歳月だが、放射性物質は今も現場周辺を汚染した…………全文>>
ハンセン病 司法の差別、決着せぬ (2016/04/26)
  「人権の砦(とりで)」たる最高裁として、これで問題が決着したといえるのだろうか。  ハンセン病患者の裁判がかつて、隔離された「特別法廷」で開かれていたことをめ…………全文>>