マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

社説

朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」で最新の時事を読む

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」を過去3カ月分閲覧できます。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

社説 記事一覧

安保法後の防衛大綱 軍事への傾斜、一線越えた (2018/12/19)
  政府がきのう、安倍政権下で2度目となる「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」を閣議決定した。  陸海空にとどまらず、宇宙やサイバー空間などを含む「多次元統…………全文>>
気候変動会議 「魂」あるパリ協定に (2018/12/18)
  すべての国が共通ルールのもとで地球温暖化に立ち向かう。そんな新たな一歩を踏み出す準備が、なんとか整った。  ポーランドで開かれていた国連気候変動枠組み条約締約…………全文>>
医学部入試 公平性の骨抜き許すな (2018/12/18)
  全国81大学のうち「不適切な事案」が9校、「その可能性の高い事案」が1校――。文部科学省が医学部入試をめぐる調査の結果を公表した。東京医科大事件を機に広がった…………全文>>
英のEU離脱 迷走を脱し現実直視を (2018/12/17)
  英国の民意は今、どこにあるのか。再度確認する努力が求められているのではないか。  欧州連合(EU)からの離脱が来年3月末に迫っている。世界が注視するなか、英国…………全文>>
緊急災害対策 優先順位を見極めよ (2018/12/17)
  気候変動などの影響で、日本はこれまでの常識を超えた自然災害の時代を迎えつつあるようだ。人々の命や財産を守るために、限られた政策資源をどう使うのか。対策を進める…………全文>>
税制の見直し 宿題先送りに終止符を (2018/12/16)
  時代や社会の変化にあわせて制度を見直し、公平でわかりやすい税のすがたを追求する。  そんな基本原則に、政治は正面から向き合ったのか。  2019年度の与党税制…………全文>>
あおり運転 悲劇繰り返さぬために (2018/12/16)
  東名高速であおり運転を続けた末、4人が死傷する事故を引き起こした男の裁判員裁判で、横浜地裁は危険運転致死傷罪の成立を認めて、懲役18年の判決を言い渡した。重大…………全文>>
辺野古に土砂投入 民意も海に埋めるのか (2018/12/15)
  安倍政権が沖縄・辺野古の海への土砂投入を始めた。  これまで進めてきた護岸の造成工事に比べて環境に及ぼす影響はより深刻で、米軍普天間飛行場の移設問題は新たなス…………全文>>
優生手術救済 検証と謝罪が問われる (2018/12/14)
  まだ課題が山積みだ。救済制度のあり方だけでなく、過去の検証と謝罪が問われている。  旧優生保護法のもと、障害のある人たちが不妊手術を強いられた問題で、与党のワ…………全文>>
米中の対立 法とルールの支配こそ (2018/12/14)
  米国と中国のつばぜり合いが危うくなってきた。対立の激化は、世界を二分する事態も招きかねない。両政権には、まずは緊張を深める応酬を自制するよう冷静さを求めたい。…………全文>>
河野外相 質問無視はひどすぎる (2018/12/13)
  公式の会見で、4度にわたって記者の質問を黙殺する。大臣としての説明責任を放棄した前代未聞の対応は、ひどすぎると言うほかない。  河野太郎外相の11日の記者会見…………全文>>
南海トラフ警戒 難題に向きあう覚悟を (2018/12/13)
  「その時」に市民や自治体、企業はどう動くべきか、国が大きな方針を示したことは評価できる。だが詰めるべき課題はあまりに多く、かつ難しい。  南海トラフ地震の可能…………全文>>
不公正入試 二次被害を広げた愚 (2018/12/12)
  あまりにも対応が遅い。受験生を何だと思っているのか。  順天堂、北里など5大学が、医学部入試で不公正な選考をしていたと相次いで認めた。  東京医科大での不正入…………全文>>
官民ファンド 「事務的失態」なのか (2018/12/12)
  こんな前代未聞の事態がなぜ起きたのか。  産業革新投資機構の田中正明社長ら代表取締役4人と、社外取締役5人が辞意を示した。立ち上げた傘下ファンドも清算するとい…………全文>>