マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

社説

朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」で最新の時事を読む

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「社説」を過去3カ月分閲覧できます。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

社説 記事一覧

香港占拠運動 次の目標を考える時だ (2014/11/28)
  香港中心街で「雨傘革命」が始まって50日余り。世界が見つめる学生らの街頭運動が、ついに行き詰まってきた。  当局はバリケードの撤去と強制排除に乗り出した。当局…………全文>>
エアバッグ まずはリコール徹底を (2014/11/28)
  事故の時に命を守るはずの装置が、命を奪う凶器になるのでは、安全・安心への備えが根底からくつがえってしまう。  エアバッグで世界第2位、約2割のシェアを持つタカ…………全文>>
参院違憲状態 国民の代表といえるか (2014/11/27)
  鳥取で16万票得た候補が当選し、東京で55万票の候補が落選した。一人ひとりの投票価値に最大4・77倍の差があった。  昨年7月の参院選について、最高裁はきのう…………全文>>
教研集会判決 橋下流労組対策の誤り (2014/11/27)
  労組への便宜供与はしない。  そう定めた「労使関係条例」を根拠に、教育研究集会を小学校で開こうとした大阪市教職員組合に会場を貸さなかった大阪市の対応について、…………全文>>
衆院選 自民の政権公約 実績ばかり並べても (2014/11/26)
  自民党の政権公約は「景気回復、この道しかない」と掲げ、経済再生と財政再建をともに実現すると宣言している。  消費税率の再引き上げを先送りしても、基礎的財政収支…………全文>>
衆院選 民主の政権公約 「対立軸」は見えるが (2014/11/26)
  民主党のマニフェスト(政権公約)は「今こそ、流れを変える時」として「アベノミクスからの転換」「厚く、豊かな中間層の復活」を掲げた。  「この道しかない」と繰り…………全文>>
域内開発金融 中国取り込む努力を (2014/11/25)
  中国が提唱する新たな国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」が来年末までに設立される。アジアには国際金融機関として、すでにアジア開発銀行(ADB)が…………全文>>
環境と教育 協調が育む世界の持続 (2014/11/25)
  地球という限られた環境で、人間がずっと共生してゆくために大切なものは何か。  足元の暮らしと世界の結びつきに思いをはせ、長続きできる経済や開発のためにはどう行…………全文>>
衆院選 アベノミクス 抱えたリスクこそ課題 (2014/11/24)
  来年10月に予定されていた消費再増税の先送りを、安倍晋三首相が表明した。自らの経済政策の成功を確かなものとするためだという。  「消費税を引き上げることで景気…………全文>>
衆院選 与党公明党 連立の意味を語れ (2014/11/23)
  公明党が、安倍首相と手を携えて衆院選に臨む。  17日の結党50周年パーティーに駆けつけた首相はあいさつで「天気晴朗なれども波高し」と語りかけた。  日本海海…………全文>>
学習指導要領 21世紀の学力育つか (2014/11/23)
  学校の教育内容を定める「学習指導要領」の改訂に、中央教育審議会が取りかかる。下村博文・文部科学相が諮問した。2020年度にも本格実施する。  グローバル化や情…………全文>>
衆院選 安倍政治への審判 有権者から立てる問い (2014/11/22)
  衆議院が解散された。総選挙の公示は12月2日、投開票は14日に決まった。  私たちはこれまで社説で、安倍首相による今回の解散に疑問を投げかけてきた。  首相は…………全文>>
衆院選 政治とカネ 解散でリセットか (2014/11/21)
  安倍首相がきょう、衆院の解散に踏み切る。  この解散の遠因となったのは、9月の内閣改造後に噴き出した「政治とカネ」をめぐる数々の不祥事だろう。  女性閣僚5人…………全文>>
敦賀原発 廃炉促す環境整備を (2014/11/21)
  福井県敦賀市の敦賀原発2号機直下にある断層について、原子力規制委員会の有識者会合が改めて「活断層」と判断した。  事業者の日本原子力発電(原電)が独自調査をも…………全文>>