マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

ひと

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「ひと」が最大3か月分閲覧できます。
※著作権の関係上、写真が掲載されない場合があります。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

ひと 記事一覧

全国の隠れた「逸品」を発掘する元商社マン 鈴木正晴さん (2017/06/26)
  「日本百貨店」。そんな名前の店を東京・上野御徒町に開いて7年になる。手すき和紙や帆布のバッグ、手作りのみそやしょうゆ……。全国を歩いて「心を動かされた」さまざ…………全文>>
日本ペンクラブの活動を支える専修大学教授 山田健太さん (2017/06/26)
  文学・文化に携わる専門家らが集まる日本ペンクラブの専務理事に、19日に就任した。反対してきた「共謀罪」法が成立したばかり。「言論への危機が迫る中、今が踏ん張り…………全文>>
生まれつき両腕のないホルン奏者 フェリックス・クリーザーさん (2017/06/23)
  ステージでは靴下をはかない。左足の指で楽器のレバーを操り音程を変えるから。いすに座って靴を脱ぎ、楽器を据えた台にはだしの左足をのせる。右足を使うのは弱音器をつ…………全文>>
札幌市の性的少数者カップル公認制度に尽力した明大教授 鈴木賢さん (2017/06/22)
  耕してきた故郷の土に、大きな花が咲いた。「私たちはゲイ、レズビアンです」。地方都市では草分けとなるパレードで、声をあげて21年。昨年から仲間と求めてきた性的少…………全文>>
家や街を長持ちさせる政策を提言して17年 岡本久人さん (2017/06/21)
  先進国なのに、なぜ日本は豊かさの実感が薄いのか。そんな問題意識から、北九州市の仲間らと政策を考え続けて17年。提言が国の政策につながったこともある。  198…………全文>>
難民認定を申請中の人たち向けにヨガ教室を開く アリ・ムーアさん (2017/06/20)
  難民認定を待つ人たちの不安を和らげようと、都内の教会で月2回、教室を開いている。集まるのは中東、アフリカ、東南アジア、南米などから来た約10人。「それぞれの方…………全文>>
タイで出家した直木賞作家 笹倉明さん (2017/06/19)
  オレンジ色の僧衣をまとい、一時帰国した東京を歩く。ペースが合わない。「みんな速いですね」  文壇の真ん中にいたバブル当時、毎晩のように飲み歩いた街だ。雑誌記者…………全文>>