マイコンテンツ
朝日新聞 天声人語・社説

ここから本文エリア

天声人語

ジャーナリストの確かな目で時代の流れを見続ける看板コラム

このコーナーでは、朝日新聞の朝刊に掲載される「天声人語」を過去3カ月分閲覧できます。

朝日新聞 天声人語・社説
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円・税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

天声人語 記事一覧

知日派の幻滅 (2018/11/21)
  「仏壇はありますか」「本家とはどんな付き合い方を」。先週、93歳で亡くなった英社会学者ロナルド・ドーア氏は、占領下の東京で町内会300全戸をそう尋ねて回った。…………全文>>
ゴーン氏の報酬 (2018/11/20)
  「ゴーン? この街では聞かない名だよ」。中東レバノンで日産自動車を率いるカルロス・ゴーン会長の出身地を訪ねたことがある。探しあぐねたが、よく聞けば本来の発音は…………全文>>
秀吉の脳内地図 (2018/11/19)
  「につほんのていわうさま」(天皇)を北京に住まわせることにした――。豊臣秀吉の世界戦略が記された史料を福井県小浜市で見た。朝鮮征服の後にアジアをどう支配するか…………全文>>
「死と再生」の雨 (2018/11/18)
  車のフロントガラスをつたって、雨のしずくがクネクネと流れていく。ワイパーがそれを何度もぬぐう。黒澤明監督の1952年の映画「生きる」ではこんな場面が4回、繰り…………全文>>
重さの基準 (2018/11/17)
  養蚕業にとって、オスとメスを見分けるのはだいじな仕事である。熟練した職人が白い繭を手にとってながめ、鑑別した時代もあった。やがて、ある道具が取って代わる。はか…………全文>>
歯舞の薬売り (2018/11/16)
  歯舞(はぼまい)群島には、富山から移り住んできた人が多かった。そのつてなのだろう、薬売りがよく来ていたという。医療施設に乏しく、売薬に頼る島の暮らし。薬売りは…………全文>>
無知とTシャツ (2018/11/15)
  欧米で有名なのに、日本でほとんど知られていないファッションブランドがある。「スーパードライ」という名で、変な日本語の書かれたTシャツなどを作り、世界で売ってい…………全文>>