マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

  • 今後の掲載予定 ★雪組「アル・カポネ」公演評 ★スタジオライフ「WHITE」公演評 ★三上真史さん×辻本祐樹さん対談インタビュー
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

最新特集 【トピックス】柚希礼音、退団後初の舞台出演決定
ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」

2015年5月29日更新
写真:柚希礼音 柚希礼音

 5月10日に宝塚歌劇団を卒業したばかりの元星組トップスター柚希礼音の舞台が早くも決まった。宝塚歌劇100周年を支え、絶大な人気を誇った柚希の退団後初の舞台は、ワールドプレミア ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」だ。

 今作は「オペラ座の怪人」「キャバレー」「蜘蛛女のキス」など、数々の傑作ミュージカルを生み出し、トニー賞を史上最多21度も受賞したブロードウェイの演出家、ハロルド・プリンスの人生を描いた新作ミュージカル。自ら手がけたヒット作から、珠玉のショーナンバーを選(え)りすぐり構成されるミュージカルショーで、ニューヨーク、ロンドンに先駆けて日本が世界初演となる。

 第一弾キャストとして、シュラー・ヘンズリー、ラミン・カリムルー、ナンシー・オペル、ケイリー・アン・ヴォーヒーズの4名があわせて発表された。ブロードウェイ・ミュージカルを華やかに彩っているスターたちと共に、柚希は唯一の日本人キャストとして出演する。(編集・ウエストプラン)

〈柚希礼音コメント〉

 いつかエンターテインメントの本場アメリカで舞台に立ちたいと、宝塚音楽学校に入る前、夢見たことがありました。今回ついにその夢への扉が開く……とワクワクしています。この夢のようなチャンスをいただけたのは、多くのことを学んだ宝塚歌劇団での16年間があってこそ。この道のりは、私にとって決して遠回りではありませんでした。「オペラ座の怪人」を創られたハロルド・プリンス氏をはじめ、ブロードウェイの第一線のクリエーターによる新作で、さらにNY演劇界の主役級の方々とご一緒できるのは身の引き締まる思いです。

 今回の舞台は、身に余る高い壁への挑戦となることでしょう。しかし宝塚で育まれた何物にも代え難い財産 ―自分をプロデュースする力、そして努力すればどんな高い壁でも乗り越えられる強い意思― を大きな力として胸に刻み、ブロードウェイに向かって羽ばたきます。プリンス氏の演出が、自分も知らない新たな柚希礼音を引き出してくださることでしょう。また、プリンス氏が私に合う素晴らしいダンスナンバーを選んでくださるとも伺っていて、言葉ではとても言い表せないほど心が躍っています。

◆ワードルドプレミア ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」
《東京公演》2015年10月23日(金)~11月22日(日) 東急シアターオーブ
《大阪公演》2015年11月28日(土)~12月10日(木) 梅田芸術劇場メインホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://pobjp.com/

スターファイル
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円/税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>