マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

  • 今後の掲載予定 ★「CHESS」安蘭けい×石井一孝×田代万里生×中川晃教インタビュー ★「ダブリンの鐘つきカビ人間」佐藤隆太インタビュー ★星組「ガイズ&ドールズ」公演評 ★月組「A-EN(朝美絢ver.)」公演評  ★月組「DRAGON NIGHT!!」公演評 ★「ラ・マンチャの男」公演評
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

最新特集 【トピックス】「花より男子 The Musical」
世界初のミュージカル化、メインキャスト決定

2015年9月1日更新
写真:左から上山竜治、真剣佑、加藤梨里香、白洲迅、松下優也 =(C)神尾葉子・リーフプロダクション/集英社 (C)「花より男子 The Musical」製作委員会2015 左から上山竜治、真剣佑、加藤梨里香、白洲迅、松下優也 =(C)神尾葉子・リーフプロダクション/集英社 (C)「花より男子 The Musical」製作委員会2015

 少女漫画の金字塔「花より男子」が世界で初めてミュージカル化される。累計発行部数6100万部を記録している少女漫画で、漫画のみならず、アニメ・映画・ドラマと、日本はもとより台湾、韓国でもブームを巻き起こしてきた「花より男子」が2016年1月、舞台に登場する。ヒロインの牧野つくし役は、「つくしを探せ! オーディション」を開催し、3千人以上の応募が殺到。そしてこの度、メインキャストが決定した。

 超セレブの子息たちが集まる英徳学園高校が舞台で、学園を牛耳る御曹司集団“F4”のリーダー道明寺司役に、ミュージカル「黒執事」「イン・ザ・ハイツ」などに主演、アーティスト活動も行う松下優也(X4)。“剛”の道明寺に対して“柔”のキャラクター、F4メンバーの花沢類役に、ドラマ「ごめんね青春!」「学校のカイダン」に出演、舞台での活躍も目覚ましい白洲迅。そしてF4メンバーで茶道家元の子息、プレーボーイの西門総二郎役には、千葉真一の息子で今回が初ミュージカル、初舞台出演となる真剣佑。さらにF4メンバーきっての“マダムキラー”美作あきら役には、現在上演中のミュージカル「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役に抜擢(ばってき)された上山竜治をキャスティング、F4と対するヒロイン・牧野つくし役には、17歳の現役高校生の加藤梨里香が激戦を突破し役をつかんだ。

 そして今回、世界初ミュージカル化に際し、日本屈指のクリエーターが集結。脚本は「八犬伝」「鉈切り丸」「9days Queen」など多くの作品で、脚本家、演出家として高い評価を得る青木豪。演出は「宝塚BOYS」「ブラックメリーポピンズ」「サンセット大通り」など、ストレートプレーやミュージカルの作品で演出を手掛け、名だたる演劇賞を受賞してきた鈴木裕美。そして音楽は、「ポルノグラフィティ」や「いきものがかり」をはじめとするトップアーティストのプロデュースを手掛け、現在の日本音楽界をリードする本間昭光が担当、豪華で強力な布陣となった。

 幅広い年齢層に人気があり、テレビドラマの印象も強い「花より男子」。エピソード満載の原作をミュージカルとして、どんな音楽にのせて見せてくれるのか、そして、個性あるキャラクターを、さらに個性のあるキャストたちがどう演じてくれるのか楽しみだ。

〈キャストコメント〉
★松下優也(X4)(道明寺司)
 今回、道明寺司という役を頂き、男っぽく強い感じとか、つくしのような芯の通った女性が好きな所とか、僕自身も似ている部分があって親近感が湧くキャラクターだと思いました。「いまどきでない男子」というイメージがあります。今回が世界初のミュージカル化ということで緊張感もありますが、個人的に“世界初”といった言葉は好きなので楽しみにしています。僕は音楽活動をずっとやってきたので、ミュージカルとしてどのように役をつくり、音楽がどうなっていくのかが楽しみで、今回、本間昭光さんの音楽を歌わせて頂くことをとても楽しみにしています。原作を好きな方にも楽しんで頂けるよう、僕自身精いっぱい、道明寺になれるよう世界観をつくっていきたいと思っています。是非、劇場に足をお運び下さい。

★白洲迅(花沢類)
 花沢類役に決まった時はとても驚きましたし、うれしかったです。大人気作のミュージカル化ですし、楽しみですが身の引き締まる思いです。花沢類を演じることにプレッシャーはありますが、わりとインドア派なところや、人と接するのが得意ではないところなど、性格的には通ずる部分、共感する部分があると思います。つくし役の加藤さんは現役高校生ですが、フレッシュさや、パワーをもらいながら、僕も負けずに演じられるように頑張ります。とても愛されている作品なので、このミュージカルもたくさんの方に愛して頂ける作品にしていきたいです。

★真剣佑(西門総二郎)
 日本に来てまだ間もない僕が、ミュージカル(舞台)初出演でこんなに大きな役を頂けることがとても光栄ですし感謝しています。西門総二郎は、茶道家元の出身でクールな部分もありつつプレーボーイという二つの面を持つ、面白い役だと思いました。まっすぐで、正義感の強いつくしは魅力的だと思います。敵には回したくないような(笑)仲良くしたい女性ですね。つくし役の加藤さんは、力強く、パワフルな方という印象がありました。皆さまに自信をもって西門総二郎をお届けできるよう頑張ります。

★上山竜治(美作あきら)
 日本の誇れる文化である漫画を原作にしたミュージカルということで、この舞台も世界に発信していけるよう、頑張りたいと思います。クリエーターもすごい方々が集まり、今からとても楽しみです。美作を演じますが、僕自身、普段は騒いでいても、「意外と影があるんだな」ということを言われることもあり、美作と似ている部分があるのかなと思います。つくしのような、活発で肝が据わっているお尻をたたいてくれそうな女性は魅力的だと思います。原作の美作あきらの力を借りて役に魂を入れられたらと思います。一生懸命励みますので、よろしくお願いします!

★加藤梨里香(牧野つくし)
 オーディションの合格を知った時は、何度をつねっても夢じゃないかと思うほど、うれしさがあふれました。ずっと見ていた“花男”がミュージカルになるということを知った時はびっくりしました。どんなところが歌になったり踊りが入ったりするんだろうと、全く予想がつきませんでした。つくしは芯がしっかりしていて、どんな逆境にも耐える、明るく、周囲に影響を与える女の子だと思うので、その強さと内側から出されるエネルギーを、しっかり演じられたらいいなと思います。精いっぱい頑張っていきたいと思います。皆さまぜひ見に来て下さい。

(編集・ウエストプラン)

◆「花より男子 The Musical」
《東京公演》2016年1月5日(火)~24日(木) シアタークリエ
※2月に、大阪、名古屋ほか、地方公演を予定
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.hanadan-m.com

スターファイル
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円/税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>