マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

  • 今後の掲載予定★ニナガワ×シェイクスピア「ロミオとジュリエット」公演評★スタジオライフ「Back Cindy」公演評
  • 朝日新聞大阪本社発行の夕刊紙面に掲載中の「夕刊タカラヅカ100周年」。次回の紙面掲載は8月29日(金)の予定です。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

最新特集 【公演評】ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」
エンターテインメント性あふれ、心躍るステージに

2014年8月22日更新
写真:ミュージカル「ピーターパン」公演から=撮影・田中亜紀 ミュージカル「ピーターパン」公演から=撮影・田中亜紀

 1981年の日本初演以来、毎年上演され続けているブロードウェイ・ミュージカル『ピーターパン』。今年は、演出・振付・上演台本に玉野和紀を迎えて大リニューアルし、7~8月、神奈川公演を皮切りに5都市で上演。大阪・梅田芸術劇場での公演を観(み)た。(フリーランスライター・黒石悦子)

 夏休みに親子で楽しめるミュージカルとしても人気の本作。開演前のロビーではにインディアンのフェース・ペインティングをしてもらえたり、着ぐるみのピーターパン、フック船長と記念撮影ができたりするコーナーを用意。ズラリと列を作り、子どもたちは目を輝かせながら待ちわびていた。

 今年は昨年に続き、9代目ピーターパンの唯月ふうかが主演。史上最年少のフック船長、ダーリング氏として、ダンサーの大貫勇輔が抜擢(ばってき)され、ヒロインのウェンディ役はミュージカル初挑戦の福田沙紀が務めた。

 自由に空を飛び、ネバーランドで冒険を繰り広げるピーターパンの物語は、子どもも大人も異なる目線で楽しめる作品。子どもたちにとっては夢いっぱい。一方、大人はその夢のような物語に、どこかノスタルジックな気持ちを感じずにはいられない。また、エンターテインメント性あふれる玉野演出で、よりダンサブルに、観る側も心躍るようなステージで楽しませてくれた。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

【トピックス記事はこちら】

◆ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」
《神奈川公演》2014年7月13日(日) KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
《東京公演》2014年7月20日(日)~31日(木) 東京国際フォーラム ホールC
《広島公演》2014年8月2日(土) 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)
《大阪公演》2014年8月9日(土) 梅田芸術劇場メインホール
《青森公演》2014年8月16日(土) リンクステーションホール青森
※この公演は終了しています

◆「Rock the Ballet2」
《東京公演》2014年8月28日(木)~31日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
《大阪公演》2014年9月2日(火) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.umegei.com/schedule/348/index.html

《筆者プロフィール》黒石悦子 兵庫県出身。情報誌の演劇担当を経て、フリーライターに。演劇、映画などエンタテインメントを中心に、雑誌やWEBなどで執筆。グルメや街歩きスポットなどの取材・執筆も行う。

スターファイル
月額300円(税抜)

記事本文をお読みいただくには、ご購読手続きが必要です。

ご購入申し込み ログインする

朝日新聞デジタル有料会員の方、または朝日新聞デジタルselectベーシックパックを
購読中の方は、ログインするだけでご利用いただけます。

朝日新聞デジタルselectベーシックパック(月額500円/税抜)を購読する方はこちら


朝日新聞デジタルのご購読は、下記よりお申し込みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new 動画new

2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>