マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【インタビュー】ミュージカル「ヴェローナの二紳士」出演
お嬢様役の霧矢大夢、「こんなにモテる役は初めて」

2014年11月7日更新

 この年末年始の注目作となりそうな、ミュージカル「ヴェローナの二紳士」。演出は宮本亜門が担当し、キャストには西川貴教・堂珍嘉邦・島袋寛子と、多種多彩なメンバーがそろう。この作品に出演する霧矢大夢にお話を聞いた。(フリージャーナリスト・中本千晶)

 霧矢演じるシルヴィアは幾人もの登場人物から求愛されるお嬢様の役だ。「年末にモテさせていただきます。こんなにモテる役は初めて」とちゃめっ気たっぷりに話しつつも、当初は「私にお嬢様の役?」と心配になったこともあったそう。だが、じつはこの役、かつて劇団四季がこの作品を上演したときに、同じ宝塚出身の大先輩である真帆志ぶきが演じた役だ。そんな縁もあり、「期待されるのはラテンのノリ」とも聞いたので、取り組んでみようと思ったそうだ。

 最近の舞台でいうと、「オーシャンズ11」でヒロインのテスと張り合う恋敵ダイアナ役で強烈なインパクトを放った霧矢。「私は『宝塚代表』みたいな感じで出ていたので、宝塚を応援している方や宝塚の『オーシャンズ11』を好きな方からの温かい気持ちを感じた」という。

 「ヴェローナの二紳士」もそうだが、この作品もいろいろなジャンルの人材がキャスティングされていたため、最初は戸惑いもあった。だが、自由で個性的な人たちと接する中で、次第に「私もそのままでいいんだ」と思えるようになった。舞台人である自分と比べると、テレビや映像出身の人は「その場での適応能力がすごい。私は稽古を積み重ねて役作りをしていくけれど、皆さんすでにキャラクターができあがっているから『役が後についてくる』感じ」と、霧矢らしい言葉で分析してみせた。

 宝塚歌劇が創立100周年を迎えた今年はやはり「すごい年だった」と振り返る。4月に行われた「夢の祭典」にもトップバッターで出演したが「トップバッターすぎて緊張する暇もなかった」そう。卒業して2年半が経った今、改めて眺める宝塚は「あんな風に命を削るようにして頑張れる場所は、今後は二度と現れないと確信できる」場所だという。

 インタビューを行ったのはちょうど「100周年記念大運動会」の直前だった。前回の90周年大運動会では優勝を体験した霧矢、「今思い出しても気持ち良かった!」と懐かしく振り返りつつ、「連覇を目指して気合を入れ過ぎて、ケガだけはしないで」と月組の後輩たちを気遣った(結果、月組は見事に2位を勝ち取った)。

 「これからの抱負は?」という質問が一番難しいという霧矢。「男役」からリセットされた今は何でも受け入れていきたいから「その『受け皿を大きくしておきたい』というのが抱負かな」と話す。自由で個性的な人たちとの出会いを楽しみながらも、シルヴィア役で「殻を破りたい」と真摯(しんし)に取り組む姿に、「一皮むけた霧矢さん」をみたような思いがしたのだった。

※有料ページにはインタビューの全文を掲載しています。ぜひお読み下さい。

〈霧矢大夢さんプロフィール〉
 大阪府出身。1994年、宝塚歌劇団入団。入団当初から数多くの舞台に出演。2009年、文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞。10年、月組トップスターに就任。12年4月、宝塚歌劇団を退団。 同年、1stコンサート「Amore e Musica ~夢は果てしなく…」を開催する。13年、舞台「マイ・フェア・レディ」(イライザ役)に出演。同年11月、コンサート「The Gentlewoman」開催と共に、1stアルバムを発売。14年は6月にミュージカル「オーシャンズ11」、8月に「 I DO ! I DO ! 」に出演。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

【トピックス記事はこちら】

◆ミュージカル「ヴェローナの二紳士」
《東京公演》2014年12月7日(日)~28日(日) 日生劇場
《福岡公演》2015年1月10日(土)~12日(月・祝) キャナルシティ劇場
《名古屋公演》2015年1月17日(土)~18日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
《大阪公演》2015年1月23日(金)~25日(日) 梅田芸術劇場メインホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.tohostage.com/verona/index.html

(関連リンク:霧矢大夢公式サイト)
http://www.hiromukiriya.com/

《筆者プロフィール》中本千晶 フリージャーナリスト。宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で鋭く分析し続けている。主な著作に『宝塚読本』(文春文庫)、『なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか』(小学館新書)、『タカラヅカ流世界史』(東京堂出版)、『タカラヅカ100年100問100答』(東京堂出版)など。2014年11月に『タカラヅカ流日本史』(東京堂出版)を出版。NHK文化センター講師、早稲田大学非常勤講師。

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>