マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (2)狂気と正気を繊細に切り替えて演じた、藤原ハムレット

2015年3月17日更新
写真:「ハムレット」公演から、ハムレット役の藤原竜也=撮影・渡部孝弘 「ハムレット」公演から、ハムレット役の藤原竜也=撮影・渡部孝弘

 乱心を装うハムレットと他者との関係が印象的だ。彼の突然の変化に宰相のポローニアス(たかお鷹)は自身の娘オフィーリア(満島ひかり)に対する恋患いが原因だと主張し、ガートルード(鳳蘭)もそう願いオフィーリアに彼の再生を託そうとする。そこに流れる空気は皆、ハムレットを心配しているというより、ただ自分に都合よく解釈しているように見えた。ハムレット自身も迷いを抱え、「生きるべきか、死ぬべきか」苦悩し、自身、そして恋人オフィーリアを追いつめる。

 藤原が演じるハムレットは、錯乱状態を演じている自分と、実際に復讐(ふくしゅう)という憂鬱(ゆううつ)を抱え、すぐには行動に移せないことを不甲斐(ふがい)なく思う自分。どちらの面も自覚し、繊細に切り替えているように見えた。ハムレットをとりまく人間関係から、狂気と正気を観客自身が見極める目を試されているような気がした。

 父の死の状況に似せた芝居を打たせ、叔父の悪事を露見させようとする劇中劇のシーンは、視覚的に目を引いた。それは登場人物の王と王妃が、男雛(おびな)と女雛(めびな)の姿をしていたからだ。豪華なひな壇が舞台中央に再現されて、三人官女も五人囃子(ばやし)もいる。役者は男性ばかり。先王毒殺の場面に差しかかると、上段から男雛と女雛が降りてきてインパクトを与えた。

 また後半、平幹二朗のクローディアスによる水行のシーンでは、上半身裸になって井戸の水をかぶる81歳の体当たりの演技に場内から感嘆の声が上がった。

戻る 続きを読む