マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【インタビュー】ミュージカル「CHESS」日本初演
安蘭×石井×田代×中川、一同そろい熱く語る

2015年9月4日更新

 ミュージカル「CHESS」が9月から東京芸術劇場プレイハウスで、10月に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。2回のコンサートの好評を経て、ミュージカル版が日本で初演されることになり、更なる期待が集まる。(フリーランスライター・岩村美佳)

 メインキャストはコンサート版から、フローレンス役の安蘭けい、アナトリー役の石井一孝、フレディ役の中川晃教が続投。そして、あらたにアービター役の田代万里生が加わる。この4人がそろい、豪華なCHESS座談会が実現した。「フローレンス、アナトリー、フレディの3人の物語だけれど、政治や国境などのボーダーが彼らの生き方を決めさせてしまっている。その非情さを訴えることを作品の目的としていて、それを俯瞰(ふかん)しているのがアービター。原案・作詞のティム・ライスは、彼らをそうさせてしまった政治や国の考え方に対して一石を投じている」とプロデューサーからの解説も受け、おおいに語り合った。

 ABBA作曲の難解で魅力的なナンバーは、コンサート版でも満足できるほど。ティム・ライスは、まだミュージカル版の決定打は出ていないと言ったことがあるそうで、「決定打がきたと言わせたい」と意気込む。

 安蘭は「コンサートがひとつの形として成立していたから、ミュージカルになったらどうなるだろうと思った」と、石井は「曲が素晴らしいから、コンサートとして世界を回ってきた経緯があり、禁断のパンドラの箱のような一手だ」という。中川は「いつか必ずミュージカルにつなげていきたいと思っていた。ミュージカルとして失敗できないなというプレッシャーを感じている」とそれぞれに思いを語る。

 初演から気になっていたが、見られなかったという田代。「評判がよくて、同じ役者としてはとても興味がありました。今年2月の『GOLDEN SONGS』で『CHESS』の音楽を聞いて、いい曲だなと思っていたら、アービター役のお話を頂いたので、すごくうれしかった」という。

 音楽について聞くと、細かい譜面の話になったり、魅力的なナンバーの数々について熱く語ったり、互いをリスペクトしあう姿が印象的だった。

 有料ページでは、「CHESS」について、和気あいあいとさまざまな角度から語りあって頂きました。4人の思いをたっぷりと読んで頂けます。ぜひご覧ください。

〈安蘭けいさんプロフィル〉
 1991年、宝塚歌劇団に首席で入団。2006年、星組男役トップスターに就任。09年に退団後も「エディット・ピアフ」「MITSUKO ~愛は国境を越えて~」「アントニーとクレオパトラ」「next to normal」など数多くの舞台に主演。「サンセット大通り」「アリス・イン・ワンダーランド」の演技で第38回菊田一夫演劇賞を受賞。近年ではドラマや映画など映像作品にも活動の幅を広げている。

(安蘭けい公式サイト:http://www.horipro.co.jp/arankei/

〈石井一孝さんプロフィル〉
 上智大学スペイン語学科卒業。ミュージカルを中心に活躍。主な出演作は、「小林一茶」「シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~」「三銃士」「天翔(か)ける風に」など。「マイ・フェア・レディ」「蜘蛛(くも)女のキス」の演技で第35回菊田一夫演劇賞を受賞。CDを6枚リリースしており、最新アルバムはミュージカルの名曲ばかりを歌った「Treasures in my life」。

(石井一孝公式サイト:http://www.kazutakaishii.com

〈田代万里生さんプロフィル〉
 東京芸術大学音楽部声楽科テノール専攻卒業。大学在学中、東京室内歌劇場公演オペラ「欲望という名の電車」日本初演で本格オペラデビュー。2009年「マルグリット」でミュージカルデビュー、12年「ボニー&クライド」で初のタイトルロールを務める。主な出演作は「エリザベート」「スリル・ミー」「ラブ・ネバー・ダイ」など。第39回菊田一夫演劇賞受賞。ソロアルバム「I am here ~Musical selection~」発売中。

(田代万里生オフィシャルサイト:http://fc.horipro.jp/tashiromario/

〈中川晃教さんプロフィル〉
 シンガー・ソングライター、俳優。2001年に歌手デビュー。ミュージカル「モーツァルト!」の主演に抜擢(ばってき)され、第57回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、読売演劇大賞優秀男優賞、杉村春子賞を受賞。主な舞台出演作は、「SHIROH」「The Who’s Tommy」「7Days Judgement ―死神(しにがみ)の精度―」など。「SONG WRITERS」「あかい壁の家」「星めぐりのうた」など多数の作品で、舞台出演と同時に楽曲提供もしている。

(中川晃教オフィシャルサイト:http://www.akinori.info/

(50音順)

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆ミュージカル「CHESS」
《東京公演》2015年9月27日(日)~10月12日(月) 東京芸術劇場 プレイハウス
《大阪公演》2015年10月19日(月)~25日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.chess-musical.jp/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>