マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (4)強力な助っ人、精神的支柱が現れた!

2015年9月4日更新
写真:田代万里生(右)と安蘭けい=撮影・宮川舞子 田代万里生(右)と安蘭けい=撮影・宮川舞子

――お互いにリスペクトしあっているキャストだと思うのですが、このメンバーで難解な曲に取り組むのはいかがですか?

石井:出番じゃないときに袖や楽屋で聴き入ってしまいますよね。自分が出ていないところでも休めない感じで、すごく特殊なたたずまいでいます。「うまいなあ」とみんなの歌を聞いてしまう。こんなに聴き入ることは他ではないですね。

安蘭:カズさんもアッキーも普段は自由人だけれど、歌いだしたらすごくてギャップが大きい。音楽のことなどを聞いたら、聞いた以上のことを答えてくれるからとても勉強になるし。でも、そこを離れて人間として見たときに……(笑)。

石井:ちゃんとしてない?

中川:なんで万里生くんを見たの!? 俺やカズさんじゃなくて(笑)。

安蘭:(爆笑)。どう? 万里生くん? 共感できる?

田代:もごもごもご……(笑)。

安蘭:カズさんもアッキーも本当にギャップがすてきで、愛すべき人間だなと思って尊敬しています。でも、万里生くんも本当にすごい知識を持っているし、ちゃんと正論でくるから「はい……」って(笑)。

全員:(笑)。

安蘭:「サンセット大通り」の初演を万里生くんとやりましたが、曲や役がとても難しかった。再演ではダブルキャストで、元基くん(平方元基)とカッキー(柿澤勇人)がジョー役をやったけれど、ふたりがすごく大変そうだったの。でも、万里生くんは結構さらっとやっていたなという記憶で。

田代:いや、大変だった!

安蘭:大変でも、弱音を絶対に言わない。

石井:そうだね。

中川:わかる! できちゃうんだよね。

安蘭:ひとりで黙々と頑張っていたんだなと思ったら、見直した!

全員:(笑)。

田代:わざわざLINEで「今、改めて初演のときに万里生くんが頑張っていたんだと思います」って。

安蘭:そうなの。私もいろいろ葛藤していたから、自分のことしか見えていなかったけれど、再演でいろんなことがよく見えて、すごいと思ったの。

石井:すごいなぁ。

中川:万里生くんはカズさんとは?

田代:「トゥモロー・モーニング」で共演しました。中川さんとは今までコンサートだけだったから、初共演ですね。

安蘭:それは楽しいね。

――まだ自由さは知らないんですね?

田代:でも、クリエで楽屋が中川さんとふたり部屋だったから。

中川:意外とその辺は自由じゃなくて、ちゃんとね。

田代:中川さんの中で規律があるんです。

安蘭:そうそう(笑)。

中川:本当に、支えて頂きました。

安蘭:今回も万里生くんはそういう位置なんだね(笑)。

中川:あとは頼んだみたいな(笑)。

安蘭:私の荷が下りた(笑)。

石井:今まではとうこちゃんが俺たちの世話をしてくれてたの。

安蘭:世話できてなかった(笑)。ただ、ふたりの間にいただけで。

石井:いやいや、とうこちゃんがどれだけ俺たちの支えになってくれたか。でも万里生という強力な助っ人が、精神的支柱が現れたね!

中川:僕たち3人が共演したのは、このコンサートが初めてだったんだよね。

安蘭・石井:そうだね!

中川:信じられないよね。

石井:10年来の親友みたいな感じがするよね。

中川:僕からしたら、カズさんは先輩だし、とうこちゃんは宝塚で経験を経てミュージカルシーンで活躍している人で。今までに見たとうこちゃん作品は重たいイメージが多かったんだけれど、普段は全然重たくない人なんだというのがわかった時に……。

全員:(笑)。

石井:軽やか!

中川:そのギャップを知って、すごく人間味を感じた。おふたりには入り口も特別なものを感じていたのもあるし、「CHESS」という作品を通した出口では、いい意味でぶつかってきたからこその真剣勝負ができているんだと思っています。

――田代さんはその3人の中に入りますがいかがですか?

田代:まだ一緒に稽古できていないので、はやく皆で歌う曲などを一緒にやりたいですが、イメージはオールスター戦に途中参加で入ってきたみたいな感じです。今年初めて選ばれました、という。本当に個人的に大好きな方々が最初に配役されていました。作品の成功は絶対に間違いない、そして稽古場が絶対に楽しいと思うからうれしいです。このオールスターのメンバーで、難曲ぞろいの難作に立ち向かっていくというのが楽しみです。

安蘭:万里生くんじゃなかったら心配で仕方なかったかもしれない。

全員:(笑)。

安蘭:全然心配していないもん! アービターはどこの国でどんな生い立ちの人かわからないけれど、周りを俯瞰している存在だということで、万里生くんの今のスタンスが役に合えばそのままでいいんじゃないかと思う。

田代:こういう役はやったことがないので……。慎重に取り組んでいきますが、幕が開くときには確信を持ってこれというものをイメージしてできるようにしたいです。アービターは情報が少ない、逆を言えば余白がたくさんあるので、そこを自分で作っていき、稽古場のいろんなインスピレーションを得て、想像もしないものができたらいいなと思います。

戻る 続きを読む