マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【公演評】星組「ガイズ&ドールズ」
努力を重ねて18年、北翔海莉の大劇場お披露目公演

2015年9月8日更新

 宝塚星組公演ブロードウェー・ミュージカル「ガイズ&ドールズ」が、8月21日、宝塚大劇場で初日を迎えました。1950年にニューヨークで初演され大ヒットしたミュージカル・コメディーで、宝塚では84年、2002年に大好評を博し、今回が3度目の上演。歌とダンスの実力を存分に発揮できる名作で、北翔海莉さん・妃海風さんの星組新トップコンビが華やかに誕生しました。(フリーライター・さかせがわ猫丸)

 かつて大地真央・黒木瞳、紫吹淳・映美くららのコンビが作り上げた「ガイズ&ドールズ」は、宝塚で上演するブロードウェー・ミュージカルの中でも特に人気の高い作品です。プレーボーイでギャンブラーのスカイ・マスターソンが、お堅い救世軍の娘サラ・ブラウンに恋するラブ・ストーリーを、陽気なギャンブラーたちのハプニングをからめながら、明るく楽しく描きます。

 主人公のスカイはもちろん北翔さん。ソフト帽とスーツを小粋に着こなし、キザな二枚目に徹していて、救世軍の娘サラを演じる妃海さんは、この作品の名物(?)酔っ払いのシーンで可愛らしさが爆発です。2番手役となるネイサン・デトロイトには紅ゆずるさんが、コミカルなキャラクターで魅力たっぷりに熱演。ネイサンと14年間婚約中の踊り子アデレイドは、男役の礼真琴さんが本場のミュージカル女優さながらに演じました。

 主題歌をはじめ「運命よ、今夜は女神らしく」「はじめての恋」など名曲の数々や、迫力あるダンスナンバーなど名場面がふんだんに詰まっていて、まさに北翔さんと妃海さんの実力派トップコンビにふさわしい公演といえるでしょう。

 北翔さんは宝塚の伝統を継承するノーブルな男役を貫き、ひたむきに努力を重ねて18年。満を持してのトップスター就任は、多くの宝塚ファンが待ち望んでいたのではないでしょうか。

 数々の伝説を残した柚希礼音さんの次期というプレッシャーもまるごと包み込んで、北翔さんがかじを取る新生星組号は、今、大海原へと晴れやかに出帆しました。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆「ガイズ&ドールズ」
《宝塚大劇場公演》2015年8月21日(金)~9月28日(月)
《東京宝塚劇場公演》2015年10月16日(金)~11月22日(日)
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2015/guysanddolls/index.html

《筆者プロフィール》さかせがわ猫丸 大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。