マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【インタビュー】「ダブリンの鐘つきカビ人間」出演
佐藤隆太、皆で新しいダブリンの世界を作りたい

2015年9月18日更新

 佐藤隆太主演の舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」が、10月から東京・パルコ劇場などで上演される(地方公演あり)。佐藤に話を聞いた。(フリーランスライター 岩村美佳)

 「ダブリンの鐘つきカビ人間」は、後藤ひろひとが脚本、G2が演出する作品。10年ぶりの再演となり、後藤以外のキャストを一新した。佐藤が演じるのは、過去に大倉孝二や片桐仁が演じたカビ人間役。佐藤は、「おふたりとも魅力的で素晴らしい俳優なので、正直なところプレッシャーがある」という。しかし、「後藤さん以外のキャストが総入れ替えなので、皆でスタートラインに立って新しいダブリンの世界を作っていけるんじゃないか」と期待をよせる。

 そして、ユーモアと残酷性が醸し出すダークファンタジーで、演劇界でもファンが多い今作を、「笑いと感動の名作で、すごくバランスのとれたエンターテインメント」と表現。「皆さんの期待を裏切らないような新しい形のダブリンの世界を作りたい」と意気込んだ。

 舞台には1~2年に1度ぐらいのペースで出演しているが、「ぜいたくすぎるペースですけど、理想は1年に1本舞台をやりたい」という。「舞台はお客さんの前でやってみて完成するところがあるから、本番を迎えるまで稽古中は怖い。でも舞台が好きだし、自分に足りないものが明らかに見えてくるので、絶対に前進できる」と舞台への思いを明かした。

 有料ページでは、「ダブリンの鐘つきカビ人間」出演について、映像や舞台作品への取り組み方や思いなどについて語っています。ぜひ、ご覧ください。

〈佐藤隆太さんプロフィル〉
 東京都出身。1999年パルコ劇場「BOYS TIME」でデビュー。以降、映画、ドラマ、舞台、各方面で活躍。主な出演舞台作に「取り返しのつかない姿」「お文の影・野槌の墓」「高校中パニック!小激突!!」「ボクの四谷怪談」など。テレビドラマは「HEAT」「花燃ゆ」「恋愛時代」など多数、映画は「TOKYO TRIBE」「悪魔ちゃん The 夢 ovie」「キタキツネ物語~明日へ」(声)などに出演。幅広い役どころを演じ、常に新鮮で強い存在感を印象づける実力派俳優。

(佐藤隆太公式サイト:http://www.k-factory.net/profiles/ryuta-sato

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆PARCO&CUBE present「ダブリンの鐘つきカビ人間」
《東京公演》2015年10月3日(土)~25日(日) パルコ劇場
《福岡公演》2015年11月4日(水) 福岡市民会館
《広島公演》2015年11月6日(金) JMSアステールプラザ 大ホール
《大阪公演》2015年11月13日(金)~15日(日) 森ノ宮ピロティホール
《仙台公演》2015年11月17日(火) 電力ホール
《札幌公演》2015年11月20日(金) 札幌市教育文化会館
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.parco-play.com/web/play/dublin2015/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。