マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【トピックス】ミュージカル「DNA―SHARAKU」
四つの時代で繰り広げられる、SF歴史スペクタクルミュージカル

2015年12月7日更新
写真:ミュージカル「DNA―SHARAKU」=提供・NHKエンタープライズ ミュージカル「DNA―SHARAKU」=提供・NHKエンタープライズ

 世界中の研究者によると、今から30年後の2045年には人工知能が人類の能力を超えると言われ、それは人類の終わりを意味すると警鐘を鳴らしている。

 2016年1月から上演されるミュージカル「DNA―SHARAKU」は、人工知能が支配するであろう2116年の未来と、その分岐点となる2045年、そして2016年の現在と、過去の1793年、この四つの時代を舞台に繰り広げられる。「創造する心」が否定された近未来で、「創造する心」を取り戻そうと奮起する、SF歴史スペクタクルミュージカルだ。

 主演は、デビュー5周年を迎え、本作が初ミュージカルとなるナオト・インティライミと、弱冠20歳でドラマ・映画などで活躍する小関裕太がW主演で挑む。

 共演には、新妻聖子、坂元健児、田野優花(AKB48)、ミッツ・マングローブ、藤岡正明、Spi、大野幸人、Mizの各ジャンルで活躍するクリエーターに加え、元宝塚歌劇団トップスターの朝海ひかる、今後の演劇界を背負っていくひとり中川晃教、一人芝居の第一人者でドラマや映画で活躍するイッセー尾形と、本作で描かれる「創造する心」を体現するにふさわしい、華やかなで実力のあるキャストがそろった。

 原案は冲方丁、脚本・演出・作詞に小林香、音楽は井上ヨシマサ、そして映像演出として齋藤精一(ライゾマティクス)が参加する。

【コメント】
 ナオト・インティライミ:初めてのミュージカルへの挑戦ということで武者震いしております。強力な共演者、スタッフに皆様に、「ミュージカルとはなんぞや」をビシバシご指南いただきながら、精いっぱい自分の持ち味も出しながら、立ち向かっていきたいと思います。四つの時代を行き来するワクワクするファンタジーな世界。その物語を通して、自分の未来、自分がいなくなってからの世界のことを考える、とても貴重なきっかけになる機会であると感じております。

小関裕太:初めてこのお話を聞いた時、ものすごく巨大な隕石(いんせき)が胸に飛び込んできた気分でした。音楽界、ミュージカル界、ダンス界、テレビ界などさまざまなジャンルで、僕が尊敬している方々の中で、今回役を生きられることがとってもうれしく興奮しております。そして四つの時代を飛び回る壮大な世界観の中で、浮世絵をはじめとした“日本の美”を感じられる優美なミュージカルになると確信しています。全力で参加させて頂きます。心から離れないエンターテインメントを作っていきたいです!

【STORY】
 2116年、人工知能が支配する日本では「創造する心」が否定されていた。――感情の高ぶりは同時に争いも生み出す恐れがあるため、社会を不安定にさせる。人工知能はそう判断し、「創造する心」を忌み嫌い、「創造する心」を持つ人物を2116年に連行し、彼らの「創造する心」を破壊する行為を繰り返していた。そんな中、人工知能が必死に探していたアーティストがいた。その名は東洲斎写楽。江戸・寛政年間に活動わずか10カ月で歴史の闇に消えた謎の天才浮世絵師である。写楽を探そうとする人工知能は、2016年に生きる柊(ひいらぎ)健二(ナオト・インティライミ)と2045年に生きる結城連(小関裕太)を追っ手として選び出す。1793年に送り込まれた2人は、幕府の出版統制や文化弾圧と戦いながらも「面白いこと」を追求する江戸の人びとと出会い、「創造する心」を守るため、未来政府と戦う決意をする。時空を超えた冒険の最後に、彼らが出会う未来とは……。

 創造する心を守れ 未来を守れ……今、見失いつつある創造する心、そして大切に考えなければいけない未来、このテーマを四つの時代に渡って繰り広げるというSF歴史スペクタクルミュージカル。各ジャンルから実力のある、個性豊かな出演者がそろい、どんな冒険をみせてくれるのか期待したい。(編集・ウエストプラン)

◆ミュージカル「DNA-SHARAKU」
《東京公演》2016年1月10日(日)~24日(日) 新国立劇場 中劇場
《大阪公演》2016年1月28日(木)~31日(日) シアターBRAVA!
《福岡公演》2016年2月6日(土)~7日(日) キャナルシティ劇場
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.dna-sharaku.com/