マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (3)メンバーを知ったときに、食欲が止まりました

2016年6月10日更新
写真:緒月遠麻=撮影・伊藤華織 緒月遠麻=撮影・伊藤華織

――皆さんの宝塚退団後の活躍を拝見していて、いつも大変な方へ向かっているように感じるのですが、どんな精神力がその原動力になるのでしょうか?

湖月:宝塚で、ひとつのものをひたすらというより、いろんなことに携わらせて頂いたので、「できない」ではなくて、「やってみたい」と思うんだと思います。レッスンをして自分を追い込んでいくのも好きなんですよね。

――ちゅうちょはしないんですね?

湖月:……ないかもしれませんね。

水:バンジージャンプをやれと言われたら、ちょっとちゅうちょするかな?

全員:(笑)。

湖月:そういうのは私も無理?! 絶対無理……。

緒月:私は飛べます! フラメンコよりも大丈夫。

全員:(爆笑)。

緒月:全然、飛べます(笑)。

湖月:え?! やだ! フラメンコがいい!

水:(笑)。

緒月:バンジーの方が不安がないです。飛べばいいんですから。すぐに行けます!

湖月:勇気さえあれば行けるのか。よし!(笑)。

――おふたりはちゅうちょしないとおっしゃいましたが、緒月さんは今回の出演をちゅうちょされましたか?

緒月:ありましたよ!!! 最初に話を伺ったときに、「え?!」と言いました。怖すぎて、考えてしまいました。

湖月:私たちが怖くて?

水:(笑)。

緒月:私、メンバーを知ったときに、食欲が止まりました。たくさん食べていたのに、メールで知らせが届いたときに、止まってしまうぐらい衝撃的でした。

水:づっくん(緒月)何してるかなと思ってブログを見たら、「私をメンバーに選んでくださった……。

緒月:梅田芸術劇場さんの……(笑)。

水:……勇気に応えたいと思います」って(笑)。

湖月:勇気?!

緒月:勇気ですよ!

湖月:退団すると、学年も組も越えて、一緒にひとつの作品を作ることができるじゃない。在団中ではかなわなかった共演なので、今回もとっても楽しみ。

水:在団中の接点はありますか?

湖月:私が専科のときに雪組さんに出演させて頂いたことがあるの。

――「猛き黄金の国」「パッサージュ」と、「風と共に去りぬ」でご一緒されていますね。

湖月:私たち、ちょっと似ていて、兄弟って言われていたんですよ。

緒月:そうでしたよね。

湖月:顔の骨格が似ていたみたいで。

緒月:皆さんによく言って頂いて、とてもうれしかったです。

湖月:名前も似ているしね。今回は1幕で姉妹の役なんです。

――それは生かされますね。水さんはどんな役ですか?

水:私は、事件が起こる場所のオーナーのような感じです。

湖月:1部はストーリー仕立てで、スペインのダンサーの皆さんと、悲劇的な恋をドラマチックな展開で描きます。2部は斬新な曲と構成で、私たちとスペインのダンサーがコラボして、ダイナミックで刺激的なショーをお届けします! ジャズ風に踊るクールな場面もあるんですよ。

水:今、その部分を振り付けしています。

湖月:SHUNさんの振り付けで、原田さんも加え、女性4人で踊ります。

――どんな感じのナンバーですか?

水:どんな風に見えるでしょうね。

湖月:音楽もフラメンコを基調にしたジャズなので、他のシーンとはちょっと雰囲気の違うナンバーになるんじゃないかと思います。ジャズの世界で見せるフラメンコで、BAD GIRLS本領発揮!のナンバーになると思いますので、ぜひこちらも楽しみにして頂きたいです。

戻る 続きを読む