マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (2)宝塚時代の安蘭けいさんのカッコ良さに震えた

2016年7月29日更新
写真:廣瀬智紀=岩村美佳撮影 廣瀬智紀=岩村美佳撮影

――「スカーレット・ピンパーネル」といえばこれまで宝塚で2回上演されています。太田さんは宝塚のDVDもお持ちだということですが、何を持っていらっしゃるんですか?

太田:「スウィート・ブラック・バード」という曲を安蘭さんが歌っている作品ですね。名前は……「My dear New Orleans」? それだ!

――安蘭けいさんのさよなら公演ですね!

太田:もう、安蘭さんがカッコ良くて、音源をiTunesで買ったぐらいハマりました。

――ご覧になるきっかけは何だったんですか?

太田:知り合いに「安蘭けいさんってめちゃくちゃカッコいいよ」と薦められたので、DVDをお借りして見たんです。それで、あまりのカッコ良さに震えたんですよ。だから今回、安蘭さんも出演されるなんてびっくりですし、うれしいですね。ちょっとまともに話せるかわからないです。

――お二人は、いわゆるピンパーネル団と言われるチームの一員ですが、宝塚版でもピンパーネル団は、若手注目株のイケメン男役さんがキャスティングされるんですね。

二人:へぇ、そうなんだ―。

――プチ情報ですが、廣瀬さんがなさるハル役を2010年の月組でやった玉城りょうさんという方は、来年トップスターになることが発表されています。

廣瀬:そうなんですか! ヘえ~~。

太田:ちなみに僕の役は?

――太田さんがなさるエルトンは、星組では夢乃聖夏さん、月組では宇月颯さん。廣瀬さんのハルはですね、星組では壱城あずささん、月組は珠城りょうさん、です。以上、プチ情報でした(笑)。

廣瀬:なるほど、可能性を秘めているってことですね。

――だから今回もお客さまは「ピンパーネル団はどんな人がやるんだろう」と注目されると思います。

太田:っていうことは、宝塚の“スカピン”が大好きな方も、たくさん見にこられるってことですね。

――絶対に見にこられると思います。で、「ピンパーネル団は誰がやるんだ?」と。

太田:なるほど! そうやってみられるということですね。勉強になりました。

――そういう意味でいうと、今回のメンバーでのピンパーネル団は、どんなチームになりそう? 

廣瀬:僕は矢崎(広)くんと太田くん以外は「初めまして」なのですが、年がわりと近いので話は合いそうな気はします。

太田:皆さん本当に尊敬できる共演者の方ばかりなので、きっとたくさんの刺激をいただけるだろうなと思います。

廣瀬:俺も俺も。

――(笑)

太田:あ、君も出るんだ(笑)。ごめんごめん! 今、完璧にこっちだけ(チラシの半面)見てた(笑)。もちろん廣瀬さんからもね、たくさんの刺激をもらいながらがんばりたいと思います。

戻る 続きを読む