マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【トピックス】エン*ゲキ#02「スター☆ピープルズ!!」
壮大な宇宙を舞台にした“ハイテンション・コメディー”

2016年10月13日更新
写真:エン*ゲキ#02「スター☆ピープルズ!!」=バール提供 エン*ゲキ#02「スター☆ピープルズ!!」=バール提供

 2017年1月5日(土)~11日(水)まで、紀伊國屋ホールにて上演される舞台、エン*ゲキ#02「スター☆ピープルズ!!」。池田純矢による完全オリジナルの脚本、そして演出を手掛ける本作のビジュアルが届いた。

 壮大な宇宙を舞台に、笑い満載の群像劇が繰り広げられる“ハイテンション・コメディー”「スター☆ピープルズ!!」。しかし完成したビジュアルは、シュールな仕上がり。マジメに謎のポーズをとるキャスト陣が意味するものとは? 本作のキャッチコピー「ありえない、なんて、ありえない」に関係が? みる者の想像力を刺激する! ワクワクが止まらない! キャッチーなビジュアルとなった。

 「エン*ゲキ」とは?――エン=Entertainment:娯楽+ゲキ=Act:芝居のこと。池田が2015年に手掛けた記念すべき第1回公演、エン*ゲキ#01は、赤坂RED/THEATERにて2人芝居の朗読劇という形で上演され、好評を博した。

 第2弾となる本作エン*ゲキ#02は、「演劇とは娯楽であるべきだ」の理念はそのままに、すべての世代が楽しめ、笑い、感動できる王道エンターテインメントに特化した公演を目指し、大幅にスケールアップ。8人のキャストで本格的な演劇作品としてお送りする。

 今作では、役者の本懐である“芝居”を、池田自身が役者であるからこそなし得る深みまで追求し、見る者の想像を超えた最高のエンターテインメントを目指す。

 出演は、池田と共演10作目(!)、前回公演も出演した鈴木勝吾、本作が宝塚歌劇団退団後初めての作品となる透水さらさ、舞台や映画を中心に活躍、人気急上昇中の赤澤燈、独特の存在感で数々の舞台で注目を集める井澤勇貴、底抜けに明るいキャラクターで声優としても活躍する吉田仁美、芸人から出発した瞬発力と個性的な存在感が光るオラキオ、そして、朴訥(ぼくとつ)としたおおらかさの中に表現者としての鋭さを隠し持つ酒井敏也ら、個性豊かな面々が集結。笑って笑って、ちょっぴりほっこり、王道エンターテインメント×コメディー「スター☆ピープルズ!!」、いざ、出発ッ!

〈あらすじ〉
 ある重大な危機に直面している、とある惑星。そこから約100億光年離れている太陽系「地球」に、危機を乗り切るための希望を見いだした惑星は、7人の男たちを地球に送り込むことに。重大な任務を課せられた7人には、それぞれアビリティーと呼ばれる〈特殊能力〉が備わっているが、それはどれも役に立たないものばかり。そんな7人を乗せ、未知なる旅に出発した宇宙船は、その道中、難破した小型宇宙船に遭遇する。船内には彼らの目的地・地球からやって来たという科学者の姿が。しかも、その科学者は、彼らの根幹を揺るがす重大な秘密を握っていた――。果たして、彼らを待ち受ける運命とは?

 宇宙人×超能力×超科学が織り成す奇跡がいっぱい! ハイテンション・コメディー。

(バール提供/編集・真名子陽子〈ウエストプラン〉)

【フォトギャラリーはこちら】

◆エン*ゲキ#02「スター☆ピープルズ!!」
《東京公演》2017年1月5日(木)~11日(水) 紀伊國屋ホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.enxgeki.com/

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>