マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (3)望海、包容力たっぷり。仲間としての“絆”を

2016年10月20日更新
写真:「私立探偵ケイレブ・ハント」公演から、ジム・クリード役の望海風斗=岸隆子撮影 「私立探偵ケイレブ・ハント」公演から、ジム・クリード役の望海風斗=岸隆子撮影

 事務所仲間のジムを演じる望海さんは、ブロンドの髪に白人風の淡いメイク、ばりっと着こなしたスーツと蝶ネクタイがちょっと懐かしめの探偵スタイル。実直に仕事をこなすスマートな紳士です。心配性の恋人レイラ(星南のぞみ)に手を焼きつつ、包容力もたっぷり。2番手役としてはやや物足りない感じもしましたが、ケイレブ=早霧さんの頼もしい仲間として“絆”を感じました。

 もう1人の事務所仲間カズノには、彩風さん。ポスターにも写真が載って、これで単独3番手確定でしょうか。このところシャープな男らしさに磨きがかかってきましたが、事務所仲間では一番下の弟のような存在です。服装もカジュアルで若々しく、フットワークも軽そう。途中で歌手のポーリーン(有沙瞳)という可愛い恋人もできます。

 事務所ではコートニー(早花まこ)、ダドリー(真那春人)、トレバー(縣千)らが働いていて、コーヒーサーバーが故障したことについて、物語の最初から最後まで延々と大騒ぎしています。ストーリーには関係ないのですが、こういった何げない日常風景がいかにも正塚先生の作品らしいところでしょうか。

戻る 続きを読む

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>