マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (3)子育て、あの舞台をやっていたから楽でした

2016年10月28日更新
写真:透水さらさ=岩村美佳撮影(ヘアメイク:古橋香奈子・成谷充未・遠田瞳) 透水さらさ=岩村美佳撮影(ヘアメイク:古橋香奈子・成谷充未・遠田瞳)

――近況のこともおうかがいします。宝塚を辞められてからすぐにご結婚、ご出産と激動の日々でしたが、今はどんな毎日なのでしょう?

 忙しさを覚悟していたのですが、宝塚時代みたいに「1分1秒を惜しんで走る」という忙しさではないですね。逆に、あの舞台をやっていたから、思っていたより楽でした(笑)。

――そんなことおっしゃる方、初めてです(笑)。

 楽しいです。子どもはずっと欲しかったですし、宝塚での最後の作品も子どもを身ごもる役(「星逢一夜」の湧役)だったので……。

――そうですよね!

 「ああ、私もいつか子どもが欲しいな」と、演じながら思っていたので、すぐにできたのかもしれません(笑)。

――宝塚時代のどんなご経験が子育てに役立ちますか?

 まず、お風呂がスーパー速く入れる(笑)。宝塚時代は常に走ってお風呂に入っていましたから、お風呂に入っているとき子どもが外でぎゃーっと泣いても、「はいはいはいーっ」と洗って出てこられます。あとは、夜中に何度も起こされても全然平気。

――それも普通は大変だとよく聞きますが……。

 宝塚では、寝る時間を確保するのが得意になるんです。歩きながらでも寝たりしていたぐらいですから、子どもが泣いて起きるぐらいは平気(笑)。可愛いですし、全然つらくないです。

――お子さんの性別はどちらですか?

 女の子です。うちに遊びに来るジェンヌたちは、みんな「バレエを習わせたら」と言います。

――娘さんもタカラジェンヌに?

 どうなんでしょう? それもいいかなとも思うのですが、娘が宝塚に入ったら、母親として下級生に頭を下げないといけない?(笑)。でも、みんなが「非行に走らないように習い事ずくめしたほうがいい」と言うので、とりあえずバレエとピアノと……今から考えています。

戻る 続きを読む

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>