マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (2)ピンパーネル団には伸び盛りの若手俳優が集結!

2016年11月2日更新
写真:「スカーレット・ピンパーネル」公演から=渡部俊介・岩村美佳撮影 「スカーレット・ピンパーネル」公演から=渡部俊介・岩村美佳撮影

 デュハースト(上口耕平)、ベン(相葉裕樹)、ファーレイ(植原卓也)、エルトン(太田基裕)、オジー(駒木根隆介)、ハル(廣瀬智紀)と、ピンパーネル団には伸び盛りの若手俳優が集結。変装してパリの街を攪乱(かくらん)する場面など、楽しい見せ場が多い。ショーヴランの目をくらますべく全員でファッション狂いに見せかける時の衣装が宝塚も真っ青な“ど派手”さだが、石丸を筆頭に喜々として着こなしているのがおかしい。キャラクターの違いもそれぞれあるようなので、回を重ねて個性が際立ってくればより一層面白くなりそうだ。

 2幕、仮面夫婦と成り果てていたパーシーとマルグリットが、互いに相手の本当の気持ちに気付く過程は宝塚版とかなり違っている。パーシーが妻の本当の心を知ったときの喜びを歌い上げる一曲は追加楽曲のひとつだが、ここは石丸の真骨頂だろう。

 マルグリットの弟アルマン(矢崎広)は真摯(しんし)さの中にいり混じるコミカルな一面がチャーミングだ。捕らえられたアルマンとマルグリットをパーシーたちが救出する経緯も違っていて、痛快度は宝塚版、ハラハラ度は今回といったところだろうか。

戻る 続きを読む

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>