マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【公演評】月組「アーサー王伝説」
珠城のお披露目にふさわしいフレンチ・ミュージカル

2016年11月9日更新

 月組公演ミュージカル「アーサー王伝説」が、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されました。月組新トップスター珠城りょうさんが挑む「アーサー王伝説」は、2015年にパリで初演されたフレンチ・ミュージカル。本拠地、宝塚大劇場より一足早いお披露目です。(フリーライター・さかせがわ猫丸)

 早くから男役スターらしい風格が備わっていた珠城さん。いつかは必ずトップになると予想されましたが、天海祐希さんに次ぐスピード出世は、宝塚の歴史にも残るビッグニュースとなったことでしょう。そんな人事の面白さもまた、宝塚のだいご味なんですよね。

 岩に刺さった聖剣エクスカリバーを抜いた者が王となる「アーサー王伝説」は、宝塚でも「エクスカリバー」「ランスロット」などのオリジナル作品を生み出した、イギリスの古典的名作です。今回はパリで上演されたフレンチ・ミュージカル版をベースにし、珠城さんのお披露目にふさわしい、宝塚ならではの作品へとアレンジされました。

 聖剣を抜きブリタニアの王となったアーサー。広い心を持ち、民からも慕われていたが、いつも孤独ととなり合わせだ。隣国の娘グィネヴィアと恋におち、ようやくともりかけた幸せの予感に震えるが、魔術師マーリンの不吉な予言が現実となるのを、アーサーはまだ知らなかった……。

 グィネヴィア役には、引き続きトップ娘役をつとめる愛希れいかさん。豊かな経験と確かな実力で珠城さんをサポートし、安定感のある舞台を作り上げています。2番手に定まった美弥るりかさんは、アーサーの父親違いの姉モーガン役です。アーサーに災いをもたらす魔女で、妖艶(ようえん)な女役が怖いほどに美しい。めきめき演技力を高める千海華蘭さんは、魔術師マーリンとなって芝居を引っ張り、グィネヴィアと背徳の恋に燃えるランスロットには、雪組への異動が決まった朝美絢さんがさわやかに演じています。

 王となった責務と愛のはざまに揺れながら成長していくアーサーの姿は、まさしく今の珠城さんに重なるよう。雄々しい立ち姿は、早くもトップスターの名にふさわしい頼もしさに満ちています。個性と実力があふれるメンバーに支えられ、生き生きとセンターに立つ珠城さんから、エクスカリバーのごとく輝く、月組の未来が見えるようでした。

※有料ページでは、さらにくわしく舞台の様子をお伝えしています。ぜひご覧ください。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆「アーサー王伝説」
《文京シビックホール公演》2016年10月14日(金)~10月19日(金)
《梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ》2016年10月28日(金)~11月9日(水)
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/arthur/index.html

《筆者プロフィール》さかせがわ猫丸 大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>