マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (4)「並んでください」で、必ず真ん中から学年順に

2016年11月11日更新
写真:剣幸=岸隆子撮影 剣幸=岸隆子撮影

――今年、「宝塚歌劇の殿堂」入りをされました。剣さんにとって、宝塚歌劇団はどんなところでしょうか。

 私のベースです。今こうやって仕事をしている一番の礎は宝塚歌劇団で教えていただいたことですし、1人では何もできない、みんなで作る喜びを知りました。そして、卒業しても切っても切れないところです。OGで集まったときは、改めて宝塚のすごさを感じますし、それは100年以上続いてきているゆえんです。上級生が下級生を教えるという絆は、他ではないと思います。それが延々と脈々と続いているすごさですね。

――2014年に100周年を迎えられて、OGのイベント公演がありましたが、ああいった場合も上下関係はちゃんとあるんですよね。

 もちろんです。例えば「並んでください」と声がかかると、あっという間に必ず真ん中から学年順にずらっと並びます。

――そういう時、ご自身の位置ってすぐわかるもんなんですか?

 一目瞭然です! そして上級生の言葉はスムーズにすぐに伝わります。普通だったらこんなにうまく連携しないと思いますが、宝塚で培ったスゴさです。

――すばらしいですね。共演者の中に後輩がいたら、やっぱりいろいろと話されたりするんでしょうか。安心感のようなものがあったり……?

 なんでしょうね~、同じ組でなくても、年代が離れていても通じるものがあります。

戻る 続きを読む

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>