マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【公演評】「ミス・サイゴン」
戦争によって生み出された悲劇と究極の愛を描く

2016年11月14日更新
写真:「ミス・サイゴン」公演から=東宝演劇部提供 「ミス・サイゴン」公演から=東宝演劇部提供

 ミュージカル「ミス・サイゴン」東京公演が、帝国劇場で上演中だ(2017年1月まで全国6都市で上演)。1992年の日本初演から主演のエンジニア役を演じ続けてきた市村正親のファイナル公演。同エンジニア役のダイアモンド☆ユカイをはじめとする新キャストも加わった。※ダイアモンド☆ユカイの☆は、六芒星(ろくぼうせい)のマーク。(フリーランスライター・岩村美佳)

 メインキャストはすべてダブルかトリプルキャスト。筆者が見たキャストは、エンジニア:ダイアモンド☆ユカイ、キム:笹本玲奈、クリス:小野田龍之介、ジョン:パク・ソンファン、エレン:知念里奈、トゥイ:藤岡正明、ジジ:中野加奈子。「ミス・サイゴン」初出演のダイアモンド☆ユカイ、 小野田、 パク、2004年から5度目の出演となる笹本、別の役を演じた経験を持つ知念(キム役)、藤岡(クリス役)という、さまざまな経験をもつキャストたちが熱演していた。

 ベトナム戦争で実際に起こった事実をもとに描かれた作品で、戦争によって生み出された悲劇や究極の愛を描いている。描かれるテーマがテーマなだけに、「楽しかった」「感動した」という作品ではない。物語が進めば進むほど考え込み、涙する。そのなかで、ひたすらアメリカを夢見て、しぶとく生き抜くエンジニアの姿に希望も感じられた。見終えて感じる疲労感をしっかりと受け止め、席を立った。

※有料ページでは、さらにくわしく舞台の様子をお伝えしています。ぜひご覧ください。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

【藤岡正明インタビュー記事はこちら】

【ダイアモンド☆ユカイ会見記事はこちら】

◆ミュージカル「ミス・サイゴン」
《プレビュー公演》2016年10月15日(土)~18日(火) 帝国劇場
《東京公演》2016年10月19日(水)~11月23日(水・祝) 帝国劇場
《岩手公演》2016年12月10日(土)~11日(日) 岩手県民会館 大ホール
《鹿児島公演》2016年12月17日(土)~18日(日) 鹿児島市民文化ホール(第1)
《福岡公演》2016年12月23日(金・祝)~25日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
《大阪公演》2016年12月30日(金)~2017年1月15日(日) 梅田芸術劇場メインホール
《名古屋公演》2017年1月19日(木)~22日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール

⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.tohostage.com/miss_saigon/index.html

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

バックナンバー

全ジャンルnew 宝塚new 舞台new

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去記事一覧へ>>