マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(このページ閲覧は無料です)
読者の声(5月分)

2011年5月31日
ロゴ画像

★スターファイル掲載記事への感想など(プレゼント応募5月到着分より)

■「MITSUKO特集」 安蘭けいインタビュー全文

 とーこさんの歌声は、すべてのに勇気を与えてくれると思います。ぜひ東北にもきてください!(みきてぃ)

 安蘭さんのMITSUKOへの意気込みが伝わってきました。(たな)

 とうこさんのインタビュー、待ってました!!『MITSUKO』は大阪公演を観に行きましたが、とっても感動しました。観劇した後でこうやってとうこさんのお話を読むことが出来るというのも、とても考えされられました。また、とうこさんのインタビュー期待してます★<希望>そうですね。。お稽古場のお写真をたくさん載せていただけると嬉しいです。(水蘭)

 安蘭さんのインタビューが読めて嬉しかったです。安蘭さんの「MITSUKO」にかける思いを読んで、舞台を観る上でもより深く観ることが出来そうです。これからもよろしくお願いいたします。(およ)

 写真が豊富ですし、インタビューも充実しているので、安蘭さんが掲載されるときには購読させていただいています。また、315円で読めるようになったのもありがたいです。ちなみに今まで一番面白く読ませていただいたのは荻田先生のインタビューです。この記事でやっと荻田先生が宝塚を辞めてしまった理由に納得ができました。<希望>クレオパトラのときにも、そしてそれ以降もずっと、安蘭さんの記事を期待しています!(ひまわり)

 公演に対する意気込みや創り上げる上での難しさなどが詳しく述べられていて、公演に益々期待が持てました。公演について表面的な質問だけに終わらず、ちょっと素顔がうかがえるところが面白いです。(なな)

 安蘭さんの真摯で熱い舞台を宝塚時代から毎回楽しみに拝見しています。この二年での女優さんへの見事な転身ぶりには目を見張るばかりです。今回の「MITSUKO]は昨年のコンサート以来、上演を心待ちにしていました。楚々としたつつましい明治期の日本女性から一歩踏み出した芯の強い自立した女性、ミツコのイメージに安蘭さんのキリリとした美しさ、豊かな歌声はぴったりです。東京での上演が待ち遠しいです。(ねこちゃ)

■ジャズピアノ界の貴公子 ハクエイ・キム インタビュー全文

 とても長いインタビューで読みごたえがありました。ハクエイさんの気さくな人柄も魅力的ですね。ハクエイさんの音楽に対する考え方や、これからやって行きたい事などがよくわかりました。他の2名のメンバーの方のインタビューも是非お願いします。(eri)

■ミュージカル「嵐が丘」出演 河村隆一インタビュー全文

 公演に向けての意気込みなどを知ることができたので、より深くミュージカルを楽しめそうです。ありがとうございました。<希望>せっかくの有料コンテンツなのですから、出演者の方々による対談などあまり他誌や他サイトでは読むことができないような企画を希望します。(とな)

 隆一さんの子供の頃の事、ミュージカルの対する気持ちなど知る事が出来て良かった。(隆隆)

 河村隆一さんが演じるヒースクリフ、とても楽しみにしています。嵐が丘のストーリーと共通する経験をしました。自分の経験と重ね合わせて楽しませて頂きます。(麻衣)

 [ショックなことって何度言われてもショックなはずなんですよ。 ] この言葉がとっても心に突き刺さりました。本当に正直な言葉ですよね。(香庭)

 ビリー・フリンとヒースクリフの共通点について興味深く読ませていただきました。「嵐が丘」がますます楽しみになりました。(らびっと)

 報われない恋に挑戦する隆一さんをきっとドキドキハラハラしながら 公演を見ると思います。シカゴでのコミカルなキャラとは裏腹のヒースクリフ、楽しみです!(れに)

■「MITSUKO」特集 小池修一郎インタビュー全文

 ミュージカルミツコに対する小池先生の熱い思いがすごく伝わってきました。いつも、世界に眼を向けて人々を驚かせる舞台を作る小池先生。小池先生演出というだけで、舞台が観たいと思ってしまいます。ミツコも、ベテランから新人まで出演でとても楽しみです。ワイルドホーンさんの曲で安蘭けいさんが歌う、去年のミツコの短縮版をみてから、楽しみに待っていました。”後ろを振り向かないで”早く聞きたいです。<希望>スターファイルインタビューに乗っている写真、色々な写真全部プレゼントお願いしまーす。(ミルコ)

 安蘭さんのファンなのですが、今回『MITSUKO』関係の、小池先生、マテさん、辛源さんのインタビューを読むことが出来て、とても嬉しかったです。また、いろいろな方のインタビューを読むことで、様々な方、舞台とも出会えるので毎回更新を楽しみにしています。 <希望>いつも、インタビューと共に沢山のお稽古の写真等を載せてくださっているので、これからも沢山の写真を載せてくださると嬉しいです。(水蘭)

 先日プレビュー、初日と拝見し、今も舞台と音楽が頭の中を回っている状態なので、興味深く読みました。(Yoko)

 MITSUKO 観劇がますます楽しみになりました。 小池先生の舞台への情熱は、すごいと思います。<希望>これからも、安蘭けいさんについての記事を楽しみにしています。 どしどし掲載してください。 よろしくお願いします。(ヒメ)

 二幕最後に去っていくリヒャルトへ送る 後ろをふりむかずに の歌声。小池先生のおっしゃる凛質とは、このことだと納得します。悲しい、うれしい涙ではなく心が震えて、感動しても涙がながれるのだと、思い知りました。安蘭けいさん、はじめ、みなさんすばらしかったです。実力者揃いで、客席も舞台も一緒になって、MITSUKOの世界に住んでいる気がしました。<希望>安蘭けいさんに関することでしたなら、どんなことでも載せてください。(くまちゃん)

■「MITSUKO」特集 マテ・カマラスインタビュー全文

 大震災後、来日を決行してくれたマテさんの考えや気持ちをよく知ることができて、とても嬉しかったです。そして、私が子供の時に大好きだったドラマをマテさんも好きだったことを知ることができて感謝します。<希望>公演終了後にもインタビューしてくださると嬉しいです。(ろびん)

 日本の震災後、周囲の反対の中、日本に来てくれたマテさんは、今回いつもにも増して包み込むような優しさに溢れているように感じました。

 まず、マテさん 日本にきてくれて、ありがとうと言いたいです。安蘭けいさんの後ろをふりむかずに、マテさんの、愛は国境を越えて、素晴らしい曲、心打つ歌詞、耳にやさしい歌声に感激して涙が、流れるままでした。東京で何度も又観れることが、幸せです。(くまちゃん)

 マテさんは、本当に素晴らしかった。私もプレイベントに参加させていただきました。初日記事の中の"おみつ"に違和感があります。劇の中でだれも"おみつ"なんて呼びません。時代劇みたいで変です。(siga cherry)

インタビュー記事から、マテ・カマラスさんの暖かい人柄や、舞台への意気込みが伝わってきました。どんな舞台になるかとても楽しみです。<希望>メーンキャストの役作りや、アンサンブルの皆さんの取り組みなど、舞台づくりのプロセスをのぞいてみたいので、稽古場のリポートをもうすこし記事にしていただければうれしいです。(じゅん)

 MateさんのMITSUKOに対する思いと、日本への愛を感じました。色紙の「にホん」の文字がチャーミングで、素敵ですね♪ (MIKI)

 私はマテさんの大ファンですが、今まで知らなかったこと・知りたかったこと、そして彼の今後のことなどがわかって、本当に嬉しかったです。マテさんはファンにもとても優しくて素敵な方です。これからも年に一度と言わず、どんどん日本で活躍してほしいです。(domi)

 早く『MITSUKO』を劇場で観たいです。今回は私の地元名古屋にも来ていただけるということで、名古屋のかたたちにもあらたなファンが増えるといいなと思います。(かちこ)

 MITSUKOの開幕を楽しみにしています。昨年の「Frank & Friends」を聴いて以来、ハインリッヒ役はマテさん以外考えられないと思っていたので、震災後の日本へ来てくださって本当にうれしいです!貴族の風格と光子はじめファミリーを包み込む包容力、素晴らしい舞台になると期待しています! (ねこちゃ)

■林勇輔・及川健・曽世海司・青木隆敏 スタジオライフ インタビュー全文

 Phantomの見所を知れて、観劇がますます楽しみになりました!

 PHANTOM、とっても楽しみにしています。きっとStudio Lifeならではの素敵な演出なのでしょうね。役者さん方の作品に対する熱い想いを知る事ができて、ますます期待が高まりました♪ (ami)

 スタジオライフは劇団員全員が素晴らしい演技をする、骨のある真面目な劇団だと思います。男性が女性を演じることで少し違和感をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが是非みんなに観ていただきたい劇団の一つです。大好きな劇団です。芝居上手な役者の揃ったスタジオライフ。新作のファントムにはおおいに期待しています。記事を読んで、素晴らしい作品になることは間違いないと思いました。(とらまま)

 スタジオライフの「ファントム」の4人の役者さんのインタビュー記事、面白く読ませていただきました。6月に行く予定なのでとても楽しみです。それに普段はわからない役者の皆さんの本音がわかり個人的に大笑いしてしまいました。ありがとうございました。<希望>規模は小さくてもよい芝居をやっている人たちにもっとスポットライトを当ててください。また文楽などの伝統芸能も取り上げていただけると嬉しいです。(ラッキー)

 スタジオライフの4人のインタビューは読みごたえがあって、非常によかったです。写真も良かったですが、一人一人の写真もあったら良かったと思います。<希望>スタジオライフの役者さんのインタビューをぜひお願いしたいです。(あずきあらい)

 ファントムは、ブロードウェイで何度もみた作品です。こちらの舞台でも観てみたいので、よろしくお願いします。<希望>男優も取り上げて下さい。(ぶー)

 普通の雑誌や新聞と違い話題が新鮮なので、楽しく読ませていただいております。<希望>日本で話題に上がっていないのに、海外では注目されている方がいると思うので、そういう話題が読みたいです。(ねこにゃ)

 スタジオライフの倉田さんの思いがたくさん詰まった作品で、林さんが、主役のエリックを演じる今回のファントム。原作が素晴らしくて今からとても楽しみです。 <希望>スタジオライフの方々は、とても面白いので、もっとたくさん話を載せていただきたいです。(かんちゃん)

 スタジオライフのインタビューが読み応えがありました。今まで、こういうサイトがあることを知らなかったので、今後はマメにチェックしようと思います。<希望>若手のイケメン俳優さんをたくさんとりあげてください。渡辺大輔さんとか、スタジオライフだったら松本慎也さんとか。(みやっぴ)

 映像の時 もう少し ひとりひとりに お話しを してもらいたかったです。(フ―ちゃん)

 観劇前に役者の想いが聞けたのが嬉しかったです。

■伊礼彼方ファーストアルバム発売 伊礼彼方・塩田明弘 対談の全文(※読者ニックネームは、記入欄を設けていなかったので掲載できませんが、ご了承ください)

 最近伊礼さんファンになりCDも購入済みですが、こちらを読んで今回のCDへの意気込みや意味を初めて知りました。何気なく聴いていた私のCDを聴く時の姿勢や気持ちが変わりました。これまた最近ファンになった塩田さんとの対談も嬉しかったです。<希望>縁の下の力持ち、塩田さんのような指揮者さんやその他スタッフさん等を取り上げても面白いかも・・・。

 伊礼さんのインタビューは、ファーストアルバムのことだけでなく、役作りのお話や声でのお芝居のお話など、他ではここまで聞けないなと思う内容が盛りだくさんでした。とても読み応えがあり、永久保存版だと思っています。<希望>伊礼さんはこれからもどんどん活躍の場を広げていかれる気がしますので、是非、ずっと追いかけて頂ければと思います。

 エリサベート・アンナ・カレーニナで伊礼君の真っ直ぐさに惹かれました。これからの舞台のお仕事もとても楽しみです。

 こうして、CDに込めた思いを知ることが出来て嬉しかったです。<希望>これからも、作品に込めた思いなどを知りたいです。

 CDタイトル「half」の意味、選曲理由なども知ることが出来て、伊礼さんの軌跡を聴きながら感じる事ができそうです。<希望>舞台では見られない役者さんの素顔や、役に対する想いなど、いろいろな記事を楽しみにしています。

 伊礼さんの新たな魅力を知ることができました。今後の活躍も楽しみです。

これぞ聞きたかったという話が満載で読み応えありました。ますます伊礼さんのファンになりました。もちろん塩田さんのファンにもなりましたよ。

いつもワクワクしながら拝見させていただいております。アサヒさんの記事は写真の画質がとても高いことと、インタビューにおける質問内容も、そのお相手の魅力や胸の内を上手に引き出してくださっているように感じていました。地方在住なので月に1回観劇に上京できれば良い方なので、こうしてネットで拝見できる事はとても嬉しく、そして有難いです。これからも楽しみにしています。

 伊礼さんの舞台は、昨年のミュージカル「絹の靴下」で初めてナマを見ました。共産党員のソビエトの小役人の役がおかしくて、動きがとても目立っていました。 <希望>女優が目立ちがちですが、ミュージカルの男優も取り上げて下さい。

 CD制作にかける熱い想いが伝わってきて、伊礼さんの素顔を垣間見れた感じです。より親近感が湧きました!大切に聴きたいとより一層思いました。<希望>早くもCD第二弾をぜひ!切望します。今回のアルバムはどの曲もステキなので、ぜひ歌い続けて・・・どこかで披露してくださいね!LIVE開催希望します!

 心のこもった、きめ細かい 伊礼彼方さんへのインタビューですし、伊礼さんの回答が、また真摯で、できる限り心に思うこと、考えていることを言葉にして伝えようとされているもので、まさにこういう話が聞きたかった!ということばかりで、感動しています。 素晴らしいインタビューを、ありがとうございました。これからも、また、伊礼彼方さんのインタビュー記事を折折に載せていっていただけたら、嬉しいです。期待いたしております! 

 彼方君の歌に対してや役者としての思いや考え等、とても興味があったのでとても面白かったです。

 伊礼彼方さんの、お芝居への情熱が、再認識できて幸せでした。

 伊礼さんの深いお話を興味深く読ませて頂きました。特にミュージカルの歌のとこは「なるほど・・」と思いました。伊礼さんもそうなるといいですね、まぁ何事も経験ですから。CD「half」もほんとにいい出来上がりでしたね。毎日聞いていますよ、通勤の時は士気を高めてます。中でも「青春の影」は、私にとって思い入れのある曲なので、嬉しかったのですが、若い伊礼さんにどんな影響を及ぼしたか知りたいですね。これからも、次々と舞台の予定がありますが、健康には気を付けて、新たな役に挑んで下さい。応援しています。

 タカラヅカのスターやOG、ミュージカル俳優など、他ではあまりメディアに登場しない私の好きな人にじっくりインタビューしてくれるので嬉しいです。しかも画像付きで!ほぼ毎日欠かさずチェックしてます! <希望>これからもますますよろしくお願いいたします!

 いろいろな知らない事がわかりとても嬉しかったです。<希望>これからいろんなミュージカルスターの素顔に迫ってくださいね。

■「デスティニー」に出演 坂元健児インタビュー全文

 坂元さんが実年齢より上の役をやると知り、舞台を観るのがますます楽しみになりました。 <力を入れてほしいジャンル>ミュージカル俳優

 <取り上げてほしいスター>坂元健児さん

 坂元健児さんの芸に対する真摯な姿勢に真面目なお人柄が伝わってきました。愛と青春の宝塚の話も興味深かったです。そして次回作の三銃士など、次々に新しい役柄に挑戦する坂元さんが楽しみです。 <力を入れてほしいジャンル>ミュージカル

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る