マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)瀬奈「振り回すのって、すごく…楽しい(笑)」

2011年6月4日

司会:岸さんはいかがですか?

岸:いま、現段階では、残念ながら、一番うまいのは瀬奈さん(笑)っていう、現状です。

石井:かっこいいよねぇ〜。

岸:大胆でね。

橋本:殺陣稽古終わって、僕ら男性陣が、ウァ〜〜ッ!て立てない状態になってるときに、「おつかれさまでした〜〜」って、爽やかに帰っていきますからねぇ。

岸:僕らまだ着替えてもいないのに、さっさと帰るぐらいですからねぇ。

瀬奈:そんなことないです。私が着替えないと、みなさん着替えられないかなと思って、気をつかって、一生懸命…。

井上:気をつかう余裕まであるって(笑)。それ、もしかして、その場にいたくなかったりするって(笑)。

橋本:もう、男ばっかりやからね(笑)。

岸:特訓を1日さぼるとひどいですよ、みんなね、悪者扱いで。あいつ、さぼりやがったって(笑)。

司会:瀬奈さんは、たいへんお上手だということで。

瀬奈:いえ、そんなことないです。私も日本刀を振り回しはしてたんですけど、フェンシングはしたことなかったので、ほんとにちょろっと踊りの中でとか、ほんとにちょっとだけオスカルとアンドレでみたいなのだけで、あとはやったことがなかったので、でも、すごく…楽しいです(笑)。こんなに振り回すのって、楽しいんだって(笑)。

井上:完全に余裕がありますねぇ(笑)。

橋本:僕ら苦しいですからねぇ(笑)。

岸:練習で瀬奈さん、笑ってますからね(笑)。にやけてて「ほら、来い、来い」って(笑)。

瀬奈:楽しいですよ(笑)。

司会:ありがとうございます。山口さんは…。

山口:(沈黙)…あるんですか?(笑) え? ほんとにあるんですか?(笑)

井上:お望みなら、今から追加してもらって…(笑)。でも先ほど、祐一郎さんも長いキャリアの中でフェンシングの経験も豊富で、とにかく身体には気をつけろと、さっきそういう話を。

橋本:出る寸前まで、祐一郎さんにアドバイスいただいて。

山口:あの…、お客さまにも注意していただきたいんですけど、どんどん出来が良くなってくると、最終的にフェンシングの先は、折れます。

司会:え〜っ。

山口:で、、舞台の奥から振ったやつをパーンと止めると、一番奥まで飛びますから。

井上:それ、どうやって気をつければいいんでしょうか(笑)。

山口:ほんとに目をカーッツと見開いて、みんなの殺陣をご覧になっていただければ(笑)。

橋本:いつでも飛んで来〜い、みたいな(笑)。

山口:でもね、先は丸くなってますから。全部。ほんとに、まる〜くなってて、感じとしては、レミゼで飛んでくるお花みたいな(笑)。

井上:だいぶ感じ違うと思うんですけど(笑)。

山口:でも、当たった場合、何かもれなくついてくるってこと、あります?(笑) そうしましょうよ(笑、拍手)。多数決で決めると、今は決まる時代ですから(笑)。折れて当たったら、その方には何かが出ると(拍手)。

井上:なんだか当たりたい、みたいになってますけど(笑)、折れないの前提ですからね(笑)。

山口:ストッパーつけるんですよ。でも、そのストッパーは、出来が良くないと飛ぶんですよ(笑)。で、飛ばないようにやると、きっと足りないですよ。

橋本:飛ぶぐらいの…。

司会:あぁ〜。難しい選択ですねぇ。

山口:まあ、それはお客さまと、三銃士と、ダルタニャンで決めていただければ…(笑)。

岸:ひとごとですか(笑)。

井上:投げられちゃった、みたいな(笑)。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る