マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)ちょっと、大人のムードの曲も

2011年6月24日

写真:JONTE

施 鐘泰(JONTE)Live 2011ビルボードライブ大阪公演にて撮影

――K―POPとしての活動は、何かされていますか?

 以前、カバーで「HAN」っていうアルバムを出させてもらいました。韓国のドラマのカバー曲を日本語にしてやらせてもらったものです。あとは、実際向こうに行って、デビューの頃に1枚だけ出したことあるんですけども、それ以降は特に韓国語で歌って韓国語の作品を出すとか、そういうのはまだやったことがないのでこれからチャンスがあれば挑戦してみたいですね。

――それでは、今日のライブで歌った曲「You Are My Lady」は?

 今日のはね、あれはただ、自分が好きな歌をやったんです。

――すごくよかったです。特にピアノの弾き語りが合ってて、かっこいいと思いました。

 めっちゃ好きな曲なんです。Brown Eyed Soul(ブラウンアイドソウル)っていう、4人のコーラスグループがあるんですよ。その中のみんなそれぞれソロでも歌ってるんですけども、リーダーのチョン・ヨプっていう方がソロで歌ってる歌がすんごい好きで…この曲以外にも、歌はめっちゃあります。

――今日、歌われてた「Highway」と「Shaky」は現在、YouTubeで流れていますが、こちらはご自身で手掛けられたんですか? 

 「Highway」はNAOさんに作ってもらったんですけど、「Shaky」の方は歌詞を作らせていただいて。ケースバイケースで、いろいろ一緒に歌詞もやったりとか、完全に向こうに任せたりすることもありますし、歌詞を全部こっちでやらせてもらったり、メロディとかも一緒に作ったり…。そういう形で今、スタジオに入ったらずっと、なんかこうやったりとか、やらせてもらったりするんです。

――YouTubeの映像は、華組の秋山真太郎さんが撮影されたんですか?

 2作品とも撮ってくれて。秋山さんの世界観で撮って…。「Highway」は、なんだろうな? なんか自然な感じ。「Shaky」は、ちょっと大人のムードです。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る