マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)瀬奈さんは、あ、あさちゃん…

2011年7月7日

写真:岸祐二・橋本さとし・石井一孝

左から岸祐二さん・橋本さとしさん・石井一孝さん=撮影・橋本正人

――瀬奈さんにお話を伺ったのですが、ミレディのお話をたっぷりとお聞きしまして。アトスとの…。

岸:おお(笑)!

――結構ストーリーの最後まで伺ってきてしまったのですが、最後に素敵なデュエットがあるとか。

橋本:まだ聞いてないんですけどね、僕。

(一同爆笑)

橋本:カズがこないだ聞いて、「デュエットあるよ」って。「え、あんの?」って。

――歌稽古してるときからもう泣きそうになったとおっしゃってましたよ。

橋本:ほんとに? 今、とりあえず今日の歌稽古で泣きそうになった。

(一同爆笑)

――違う意味でですね(笑)。

橋本:でも、瀬奈さんは初めてなんですけどね。もっともっと彼女のことを知りたいなと…。

岸:「あさこ」と呼んでいいですよ(笑)。

(一同笑)

橋本:「あさこ」と…。まだそこまでね、勇気がなかった。あ、あさちゃん…(笑)。

岸:大丈夫。僕が取り持ちます(笑)。

(一同笑)

橋本:頼むよ。中継ぎ頼むよ。

岸:あさちゃん、いい人ですから(笑)。

橋本:一緒に共演された方からすごく「いい人だ、いい人だ」と、素敵だって聞いていて。だから楽しみなんですけど。何て言うんですかね、客席から何度も見せて頂いたんですが、彼女は華もあってね。男役出身だけど、女優としての可憐さというものをすごく持ち合わせている方なので。

 本人としてはこれから色々とね、ディスカッションしていくうえで知っていくことだと思うんですけれども、客席から見たファン的な見方をすると本当に魅力的な女優さん。熱々なラブラブなものではないんですけれど、なんかそこに一線壁があって、ふたりがこう…近づきあえない苦しみを引きずりながらやるというところをまず、そこがふたりの関係性としてはいい所かなと思いますね。

 だからプライベートでわざわざね、仲良くしないとと思わないでもいいですしね。やっぱりラブラブする時ってふたりの間に壁があるとくっつきにくかったりするじゃないですか。逆にこれはふたりの中に大きな壁があるから、いい距離感で役者と役者としてぶつかっていける感じがしますね。

――そういう役の方が見ていて楽しいですよね。ラブラブっていうより、ちょっと苦しいぐらいの方が。

橋本:ね! 人が苦しんでるの見たいですよね(笑)。

(一同爆笑)

橋本:皆泣きたいんですよ、お客さんは。

――そうそうそう。

岸:そうそう。すれ違ってる感が出ますよね、絶対。

橋本:あと、瀬奈さん、芯が強いんじゃないかなというのは感じるんですよね。立ち回りの稽古のときとかね、弱音を絶対に吐かないんですよ。男の中にまじって女性ひとりで入っていてもね。体力もあるし、頑張り屋さんのところっていうのも見てて共感を持てるし、尊敬もできる人ですね。

――岸さんは共演されていますが。

岸:本当にそういう意味では宝塚の元トップの女優さんに、こんなに仲良くして頂けることがあるなんて夢にも思ってなかったですよ。普通にしゃべれること自体がまず普段の生活ではありえないことだから、それにびっくりしてるんです。だからそれぐらいパーソナリティが…、何ていうんだろうな、オーラがあるんでしょうね。

 僕のイメージはアスリートのような感じで、きびきびしていて、それでいて女性の母性があって、色気もある。男役さんてどこか「女っぽくしよう」というふうにしてる方もいると思うんですけれど、そうじゃなくて自分が女でいていいんだと思っているその自然な感じがとてもセクシーに感じるときがありますし。

 殺陣の稽古でも思い切りがすごくいいんですよ。それって上達の秘訣で、この人はこうやってトップになっていったんだなと、それがよくわかる。やっぱり運動能力があるし、思い切りもあるし、人がどういう風にやっているのかをすごく良く見ている方なので、「ああ、トップの女優さんというのはこういう人なんだな」と勉強になりますね。普通に人として惚れられる人だなと思います。ただ、AB型なので、その辺は注意深く見守っています(笑)。

橋本:僕はO型なんだけれど、正反対なんですよね。

岸:僕もO型なんですけれど…。

石井:俺もOだから。

――ええっ、3人ともO型なんですか!

橋本:初めて気づいたね!

石井:なんとかなるさと思っているO型。だから居心地いいんだな!

――全員O型三銃士すごいですね。

橋本:芳雄がA?だから、まとめるんですよねきっと。

――石井さんは、瀬奈さんとの共演は初めてですか?

石井:初めてですね。何回か、挨拶程度ですかね話したのは。すごく綺麗な人だなと思って。宝塚時代はね、トップになられる前に何度か見てるんですよね。2番手の頃とか、この子はすごいと、近々トップになるだろうなと。ぜひお会いしたいなと思ってましたね。すごい人だなと思ってみてました。

 さとしさんがあんまり距離が近くなくてもいいといってましたけれど、稽古が始まってね2〜3週間経った時にね、稽古場の端でね、(ささやくように)「あさこ」「さとし」と言いあってる日がこないことを祈ります(笑)。

(一同爆笑)

――監視役ですね(笑)。

石井:監視役(笑)。

橋本:僕の心の裏側を見透かされている。どんなにきれいごとを言ってもだめだなって(笑)。

――次の公演(ニューヨークに行きたい!!)もありますしね。

橋本:次はもっとラブラブですから(笑)。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る