マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集初のストレートプレイに挑む
安蘭けいインタビュー全動画

2011年9月22日

 ミュージカルを中心に活躍している女優の安蘭けいさんが、初めてストレートプレイ(歌のない芝居)に挑戦します。作品はシェイクスピアの「アントニーとクレオパトラ」で、演出は蜷川幸雄氏。「歌」という大きな武器を封じられた安蘭さんが、どんなクレオパトラを見せてくれるのか。公演を控えた安蘭さんに単独インタビューし、今の思いをうかがいました。インタビュー全体を撮影した動画を、5つに分けて掲載します。(アサヒ・コム編集部 橋本正人)

【無料記事はこちら】

〈安蘭けいさんのプロフィール〉

滋賀県出身。1991年、宝塚歌劇団に首席で入団、同年『ベルサイユのばら』で初舞台。03年現役の歌劇団生初の松尾芸能賞演劇新人賞受賞。06年、星組男役トップスターに就任。同年『スカーレット・ピンパーネル』が第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞に輝く。09年に退団後は女優として活動を開始し、ミュージカル『アイーダ』『ワンダフル・タウン』『エディット・ピアフ』『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』に立て続けに主演。10年、第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。また、『UNO』『安蘭けい 箱舟2010』など、コンサート活動も積極的に展開。10月5日には「Aran」(講談社)が発売予定。12年は1月11日に「ミュージカル ミーツ シンフォニー」、1〜2月には「CHESS THE MUSICAL in Concert」にも出演予定。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る