マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集クラリネットとボイパがコラボ
稲本渡・MaL 対談と実演全動画

2011年12月22日

 クラリネット奏者・稲本渡さんとボイスパーカッショニストのMaLさん。このたび2人のコラボレーションによるライブ「Classic×BEAT」がビルボードライブ大阪で開かれます。クラシックとストリートというジャンルを超えた共演を前に、稲本さんとMaLさんにそれぞれの活動や2人の出会い、ライブへの思いを語っていただくと共に、「スターファイル」特別企画として、クラリネットとボイスパーカッションの演奏を披露していただきました。(フリーライター・堀内優美、アサヒ・コム編集部・橋本正人)

【無料記事はこちら】

〈写真左/稲本渡さんのプロフィール〉

 1980年大阪生まれ。音楽一家で育ち、5歳でステージ・デビュー。吹奏楽の名門、大阪府立淀川工業高校吹奏楽部にて部長・コンサートマスターを兼任、全日本アンサンブルコンテスト金賞、全国選抜大会史上初の春・夏グランプリ等を受賞。高校卒業後、オーストリア国立グラーツ音楽大学に入学。同音楽大学を満場一致の最優秀で卒業。オーストリア国立放送にソリストとして出演、オーストリア・グラーツ国際音楽院で講師も務める。活動の場を日本に移し、2008年〜2010年、佐渡裕が世界オーディションで集めたメンバーで構成される兵庫芸術文化センター管弦楽団クラリネット奏者として活躍。2011年8月末に卒団。一方、京都御苑での奉納演奏、村治佳織、藤原道山らとも共演。ファッションブランド<Lord Camelot>オフィシャルモデルも務めるなど多方面で活躍。各地でコンクールの審査員も務め、吹奏楽クリニックを行うなど後進の指導にも力を入れている。

(関連リンク:稲本渡オフィシャルサイト

〈写真右/MaLさんのプロフィール〉

 1977年千葉県出身。99年にアカペラグループ「ChuChuChuFamily」のボイスパーカッショニストとして本格的に活動を開始。テレビ、ラジオ、全国各地での数々のライブやイベントに出演。これまで所属、共演したグループは「RAGFAIR」「Rockapella」「SUGARSIXX」「Tribe of Groovers」等。2004年にはアメリカのコーラスグループRockapellaのメンバーが立ち上げたユニット「SWANK」のメンバーとして召集される。バイオリニストの古澤巌やピアニスト稲本響のコンサートツアーに参加、音楽朗読劇「HYPNAGOGIA」でも声優・山寺宏一、落語家・柳家花録とともに声の表現者として出演、劇場型ボイスパフォーマーとしても活躍。CIRCUS、弘田美恵子をはじめとするアルバムレコーディングやCM、映画音楽等にも数多く参加、ジャンルを超えた音楽の新しいマテリアルとしてのパート「Breath」を提示続けている。

(関連リンク:MaL Blog

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る