マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集「二月花形歌舞伎」に出演
片岡愛之助インタビュー全動画

2012年1月6日

 歌舞伎の人気若手、市川染五郎さん、片岡愛之助さん、中村獅童さんの3人がそろった「二月花形歌舞伎」が、2月2日から、大阪松竹座ではじまります。アサヒ・コムでは、2011年11月にフラメンコを取り入れた斬新な歌舞伎「GOEMON」に出演した片岡愛之助さんに単独インタビューし、「GOEMON」の印象や、「二月花形歌舞伎」の見どころなどについて、今の思いをうかがいました。インタビュー全体を6つの動画に分けて紹介します。(アサヒ・コム編集部 橋本正人)

【無料記事はこちら】

〈片岡愛之助 プロフィール〉

(かたおか・あいのすけ) 上方歌舞伎の流れを汲み、人気・実力を共に備える気鋭の歌舞伎役者。大阪在住。一般家庭に生まれながら幼少の頃に素質と努力を認められ、歌舞伎界の花形役者への道を歩むという生い立ちは、伝統芸能の世界において異色でありながら、実力はもとより爽やかな風貌とあたりの柔らかさ、そして調子にも恵まれており、幅広いファン層を持つ。父・秀太郎より女方の基本を仕込まれて後、徐々に立役の経験も積み、最近では線の太い敵役から和事の柔らか味をもった若旦那役まで、幅広く立役をこなす。2002年、秀太郎とともに「平成若衆歌舞伎」を旗揚げ。積極的に新作舞台に取り組んで高い評価を受ける一方、後身の育成にも励み、以来、関西での歌舞伎隆盛に積極的に貢献している。2003年にはフジテレビ系列「夜桜お染」にレギュラー出演、2005年にNHK教育テレビ「歌舞伎入門教室」に案内役として出演、さらに2006年にはNHKお正月時代劇「新撰組!! 〜土方歳三最期の一日」に準主役・榎本武揚役として出演するなど、テレビでの活躍も目覚しい。最近ではテレビ朝日系列「ハガネの女2」にレギュラー出演した。また映画では、2004年に「シベリア超特急5」で主演、2007年「Beauty」「宮城野」、2009年「築城せよ!!」で主演と立て続けに出演。2011年には7月2日公開の「小川の辺」に出演し、映像の分野へも活動の場を広げている。

(関連リンク:片岡愛之助公式WEBサイト

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る