マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)夫婦デュオ、だんだん面白くなって

2012年1月24日

写真:島 健

撮影・岩村美佳

――奥様の島田歌穂さんとの夫婦デュオについてお伺いさせてください。先日も「島田歌穂&島 健 Duo Xmas Special vol.3」をされたばかりと思いますが、ご夫婦でデュオコンサートをされるようになったのは、いつ頃なんですか?

 結婚してからなんですよ。プロデューサーがデュオを絶対やるべきだと言って。最初はちょっと大変だなと思って、ピアノだけで90分ぐらいのコンサートをやるわけで。ちょっときついなと思ったんですけれど。最初は無理矢理やらされて(笑)。でもだんだん面白くなってきましたね。

――ピアノ1本で歌うシンプルな贅沢さを感じます。ご夫婦ならでは良さや、アーティストとしての相性など感じられることって何かありますか?

 アーティスト同士としてやっているつもりなので、夫婦だからということを、それほどは意識していないですけれど。でもやはり他の方との時よりもリラックス出来るかもしれないですね。

――島田さんの歌と島さんのピアノだけのセッションというのは、最初難しそうだと思ったとおっしゃいましたが。

 ピアノ1本で、長時間飽きさせずに出来るかどうかということが最初心配だったんですけれど、やっていくなかで逆に自分しかいないから何でも出来るということがだんだん面白くなってきて。人と一緒にやっているなら勝手な事はできないですけれど、ひとりなんだから、どうにでもなっちゃうわけじゃないですか。もちろんちゃんとした曲できちっと譜面どおりにやる曲もあるんですけれど、やる度に違うみたいな曲もあったり。彼女とだとお互いどんなことをやっても大丈夫という安心感のようなものがありますね。やはり知らない人とはそんな冒険はできないので、そういう意味ではそんなところが夫婦ならではの良さなのかもしれません。

――今後もクリスマスのデュオコンサートなど続けていかれる予定ですか?

 そうですね。もちろんクリスマスだけじゃなくて色々やって行きたいですが、クリスマスは定期的にシリーズとしてやりたいなと思っています。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る