マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(7)安蘭さんは芸達者、石井さんは超おたく

2012年1月24日

写真:島 健

撮影・岩村美佳

――「CHESS」の音楽監督とピアノ演奏をされるとのことで、楽曲についての印象とかはいかがでしょうか?

 最初ABBAの作曲ということでしたから、もうちょっとABBAの音楽的な想像をしていたんですが、全然ちがうのでびっくりしました。全体的にかなりクラシカルですね。いわゆるABBA的なディスコとかの色がほとんどなくて、全体的にかなりクラシカル色が強い。ロックっぽい曲もあるんですけれど、変拍子が多かったり。ちょっと意外でしたけれど面白いですね。

――メインキャストの4人、安蘭さん、石井さん、浦井さん、中川さんの印象はいかがでしょうか?

 4人とも何らかの形でお仕事をさせて頂いているから皆さん知っていますね。安蘭さんは、「ワンダフルタウン」でご一緒して「エディット・ピアフ」や「MITSUKO」も拝見して、幅が広いというかコミカルな役からシリアスな役まで、少女からおばあちゃんまで(笑)、芸達者ですよね。今回本当に楽しみです。

――「CHESS」の楽曲に安蘭さんの声というのはいかがですか?

 そういう感じの曲はあまり今まで聞いた事はないですけど、安蘭さんらしくいいものを想像出来ますね。

――石井さんはいかがでしょうか?

 彼は超おたくですからね。フュージョンおたくなんですよ。僕なんかより詳しいですよ。本当に70年代、80年代のフュージョン、AORに関してはめちゃくちゃ詳しくて、「あのアルバムのこの曲は誰がギターを弾いている」とか。完全におたくです(笑)。もちろんベテランだし、歌唱力も素晴らしい。いやぁ、もう、今回4人ともほんとに、浦井くんも素晴らしいし、アッキーは一緒にオリジナルミュージカルもやってますし、レコーディングのアレンジを書いたり結構やっているので。アッキーも日本にはめずらしいソウルフルな、そういうのをやらせたら抜群だし。浦井くんは、そんなに仕事したことはないんですけれど、「ブロードウェイ・ガラコンサート」と、芳雄(井上)くんのコンサートのゲスト出演で一緒にやりましたね。彼は今回、ロックな曲なので新しいと思いますよ。

――コンサートですけれど、実力のある豪華なキャストで見応え、聞き応えがあるだろうとすごく楽しみです。

 これはすごいですよね。

――音楽的にはどんな風に作っていかれますか?

 ロンドンのオリジナル「CHESS IN CONCERT」はフルオーケストラなので、それを今回は13人編成でやるんですけれども、それでどれだけの音を出せるかというのがいまのところ楽しみですね。「13人でこんなオーケストラのような音がでるの!?」と思わせたいですね。「ダウンタウンフォーリーズ」という作品があるんですけれど、こちらは6人編成なんだけれど、それでも結構色んなものをやっていて。6人でどこまで表現できるかということに挑戦しているシリーズなので、13人いればもっと出来るだろうと。

――それでは、楽しみにしているお客様へ何かメッセージをお願い致します。

 13人の編成なのにどれだけの音が出るかというところを見て、聴いてほしいですね。そして、何と言ってもこの豪華キャストと僕のアレンジした音楽とが一緒に音を出すとどうなるんだろうと、僕自身も楽しみです。皆様にもぜひ期待していて欲しいです。

〈インタビューを終えて〉

 音楽という広いステージで、世界中のアーティストと様々な結果を残し続けている島さん。一流と呼ばれる人が、結果を出し続ける方法論は一通りではないと思うが、島さんの場合は「自然な流れに逆らわない」ことが大きいのではないかと思った。「流される」のではない。おそらくベストなタイミングで訪れた転機に、心の声が素直に答え続けた結果、今に繋がっていったのではないだろうか。

 キャストの皆さんが、島さんのピアノで歌えることが嬉しい、けれど自分もそのピアノを聞きたいとおっしゃっているというお話を耳にした。以前拝見した井上芳雄さんの10周年コンサートのときに感じた島さんの暖かさと、どこか安心させるお人柄を、皆さんが感じられていらっしゃるからこそなのだろうと思う。ピアノの素晴らしさはもちろんだけれど。私も今回のインタビューでそれを実感した。それゆえ沢山のお話を伺って、つい長居してしまった。本当にありがとうございました。(岩村美佳)

〈インタビュアー・プロフィール〉岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

◆「CHESS IN CONCERT」
《東京公演》2012年1月26日(木)〜1月29日(日) 青山劇場
《大阪公演》2012年2月10日(金)〜2月12日(日) 梅田芸術劇場メインホール
⇒詳しくは、公式サイトへ

(関連リンク:島 健オフィシャルサイト

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る