マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)桜花:世界中に届くぐらいの熱い思いで

2012年4月5日

写真:桐生麻耶(左)・桜花昇ぼる(中)・高世麻央

撮影・小林勝彦

――最後に、今年の抱負をお聞かせください。

桐生:この90周年の記念すべき年に、松竹座、南座、そして日生劇場と1年を通して舞台を踏ませていただけるのが幸せです。それと同時に、大きな責任と覚悟が必要ですが、1人ではなく、メンバーがいるからこそ乗り越えられると思っています。私たちが最終的にお返しするのはお客様ですので、やはりお客様に満足していただける舞台を多少無理してやっていきたいと思います。

一同:(笑)。

桐生:無理しなきゃ、いいものはできないと思うんで。てろ〜ってやっても、でろ〜っていうものしかできないんですよ!

――無理というのは、体力的にですか?

桐生:精神的にも体力的にも。体に気をつけてたって怪我する時はするし、病気する時はするんです! 甘いんです! だから、ダメなんです! というのが私の今年の抱負といいますか、原点に立ち返らないといけないなと思っている所です。

――今のお言葉、身にしみました。続いて、高世さんお願いします。

高世:ここに来るまで、私たち自身、色んな事がありました。紆余曲折があったので、本当に90周年が迎えられるなんて正直、もう少し前の時には考えていませんでした。自分たちが何かを動かす事により、周りの方が支えてくださって、90周年が迎えられると思っています。その感謝の思いを、今年1年を通して、どうやって舞台で表現していけるかというのが、自分の中での課題だと思います。

 今この時、このメンバーで、この歴史を次につなげていかないといけないとすごく感じていますので、1つ1つの公演を大事にしたいです。今までの古いものだけではなく、新たな事にもチャレンジして、みんなで団結してOSKを盛り上げていきたいです。皆様にも気持ちが明るく、幸せになってもらいたい、そんな舞台をお届けしたいと思います。

――最後に桜花さんお願いします。

桜花:90周年を迎えさせていただくのは、劇団を築き上げてくださった先輩方、先生方、そして関係者の方、応援してくださる皆様のお陰ですので、OSKの魂をひとつにして、この日本中、世界中が幸せになるような桜の嵐をまき散らしたいと思います。世界中に届くぐらいの熱い思いで、公演をお届けしたいです。

――ありがとうございました。

〈インタビューを終えて〉

 桜花さんの「不器用なんです」には、謙虚さ以上に強い精神を感じる。私は不器用だからと笑う陰で、自身と真摯に向き合い、地道に稽古を重ねてこられた。下級生時代から現在のトップになっても、変わらずこつこつと努力し続ける。それも並大抵の努力ではなかったはずだ。そこに桜花さんがトップたる所以があるように感じた。

 インタビューで高世さんは、やわらかい雰囲気で優しい笑顔を向けて話されていたが、その後の製作発表では、劇団員の誰よりも涙を流していたように見えた。言葉につまる、その間合いだけで、これまでの苦難が伝わってくるようだった。インタビューでは、こみ上げる思いをひた隠しにしながら、明るく振舞ってくださっていたのだろうか。

 桐生さんは、涙に包まれた製作発表で、一貫して毅然とした態度を貫かれていた。インタビューでも、余力を残さず、無理してでも全身全霊で頑張ると話され、その言葉は私自身の心にも響いた。そうは言っても厳しい稽古を重ねる中で、辛くてどうしようもない事もあるかもしれない。それでも歯を食いしばって、全員で心を合わせて立ち向かう姿が目に浮かぶ。それほどの揺るぎない覚悟を、桐生さんの言葉やたたずまいから感じた。

 今回のインタビュー、製作発表の一連の流れを通して、OSKの皆さんの笑顔の奥にある深い思いを感じた。この公演に、皆さんがどれだけの思いを寄せているのか計り知れない。そのひたむきな姿は、本番の舞台でもきっと観客の胸を打つに違いない。(岩瀬春美)

〈インタビュアー・プロフィール〉岩瀬春美 福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。シアトルの日本語情報誌インターン、テクニカルライター等を経て、アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当。2012年1月よりフリーランスのライターとして活動。

◆OSK日本歌劇団 創立90周年記念公演
《大阪公演》「レビュー 春のおどり」2012年4月12日(木)〜22日(日) 大阪松竹座
《京都公演》「レビュー in Kyoto」2012年7月7日(土)〜17日(火) 京都南座
《東京公演》「レビュー 春のおどり〜桜咲く国」2013年4月 日生劇場
⇒詳しくは、OSK日本歌劇団オフィシャルウェブサイトへhttp://www.osk-revue.com/

◆「OSK日本歌劇団創立90周年感謝の夕べ〜夢の絆〜」
《大阪公演》2012年4月17日(火) 大阪松竹座>⇒詳しくは、大阪松竹座公演詳細ページへhttp://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/schedule/2012/4/osk90.php

(関連リンク:OSK日本歌劇団オフィシャルウェブサイト)http://www.osk-revue.com/

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る