マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)「宝塚新温泉」が誕生

2012年5月17日

写真宝塚新温泉開業の記事=1911年(明治44年)5月1日付紙面より

 1911年(明治44年)5月1日、宝塚新温泉が開業した。この日の大阪朝日新聞11面には木々に囲まれた洋風の建物の写真つきの記事が載っている(写真上)。記事では宝塚新温泉は、大理石づくめで庭にライトを灯して夜間にはイルミネーションを付け、入浴料は安い(大人5銭・子供2銭)とアピールしている。同日の10面と5月4日の同じ10面には、箕面電鉄の形をモチーフにした広告が掲載されていて、「驚くべき立派なる大理石の風呂」と大きく記されている(写真下)。

 翌年、最新式の水泳場(プール)を中心とする娯楽場「パラダイス」がオープンするが、冷たい水のプールは人気が出ず、のちにその水泳場を舞台に改造して収容人数500人の劇場とした。(「小林一三 逸翁自叙伝」より)。宝塚少女歌劇は、このプールを改造した舞台で上演されることになる。

写真宝塚新温泉開業の広告=左:1911年(明治44年)5月1日付紙面より 右:1911年(明治44年)5月4日付紙面より

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る