マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集「サンセット大通り」で共演
安蘭けい・彩吹真央 対談詳細動画

2012年6月13日

 アンドリュー・ロイド・ウェバーの素晴らしい楽曲で知られ、日本公演が長年待ち望まれていたミュージカル「サンセット大通り」が6月、日本で初めて上演される。朝日新聞デジタルでは、過去の栄光を捨てられない大女優ノーマ・デズモンドを演じる安蘭けいさんと、ノーマの「恋のライバル」となる若い脚本家の卵ベティを演じる彩吹真央さんに、作品や役のみどころ、宝塚時代以来久しぶりに共演できる喜びなどについてお話をうかがいました。インタビューを6つの動画に分けて掲載します。(フリージャーナリスト・中本千晶)

【無料記事はこちら】

〈安蘭けいさんプロフィール〉
1991年、宝塚歌劇団に入団。「ベルサイユのばら」で初舞台を踏む。2003年、「王家に捧ぐ歌」の演技で、松尾芸能賞受賞。06年星組トップスターに就任。08年「THE SCARLET PIMPERNEL」に主演、作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。09年4月、宝塚歌劇団を退団。同年9月「The Musical AIDA」で女優として再スタートを切る。10年の4月には演劇界の発展に貢献したとして、第一回岩谷時子奨励賞を受賞。主な出演作は「ワンダフルタウン」(荻田浩一演出)「FrankFriends/Mitsuko」(小池修一郎演出)「エディット・ピアフ」(源孝志演出)など。「アントニーとクレオパトラ」(蜷川幸雄演出・クレオパトラ役)では韓国公演を果たした。

(関連リンク:安蘭けい公式ファンクラブ Aran) http://kei-aran.com/

〈彩吹真央さんプロフィール〉
1994年宝塚歌劇団入団。雪組配属後、1998年花組へ組替え。02年『エリザベート』のルドルフ役に出演。06年『ファントム』のキャリエールを演じ、豊かな歌唱力を披露。07年『エリザベート』でフランツ役を演じ、深みのある役作りで高い評価を得た。10年4月宝塚歌劇団を退団後、7月ショー『DRAMATICA/ROMANTICA』から、『Pal Joey』『COCO』『ビクター・ビクトリア』『ロコへのバラード』『モンティ・パイソンのスパマロット』に出演。4月『道化の瞳』(シアタークリエ)、 5月『Show−ism IV TATTOO』に出演。10月『SHOW−ism VDRAMATICA/ROMANTICA V』、来年1月『シラノ』に出演予定。

(関連リンク:彩吹真央 オフィシャルWEBサイト) http://www.grand-arts.com/ma/

◆ミュージカル「サンセット大通り」
《東京公演》2012年6月16日(土)〜7月1日(日) 赤坂ACTシアター
《大阪公演》2012年7月6日(金)〜8日(日) イオン化粧品 シアターBRAVA!
⇒詳しくは、「サンセット大通り」公演詳細ページへhttp://www.horipro.co.jp/usr/ticket/kouen.cgi?Detail=178

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る