マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集宝塚バウ「春の雪」
明日海りおが三島由紀夫の世界を熱演

2012年10月16日

 月組バウ・ミュージカル「春の雪」が、バウホールで10月11日初日を迎えました。原作は、三島由紀夫の長編小説「豊饒の海」四部作の第一巻「春の雪」。明治〜大正時代を背景に、若さゆえの葛藤に苦悩し、禁断の恋におぼれる青年を明日海りおさんが情熱的に、相手役となる美貌の伯爵令嬢を、研3の咲妃みゆさんがフレッシュに演じます。ミュージカルで表現する三島文学の耽美な世界。日本物らしい風雅な演出で酔わせ、実に見ごたえのある作品となりました。(フリーライター・さかせがわ猫丸)

【無料記事はこちら】

◆「春の雪」
《宝塚バウホール公演》2012年10月11日(木)〜22日(月)
⇒詳しくは、宝塚歌劇団公演案内へ http://kageki.hankyu.co.jp/revue/294/index.shtml
《東京公演》2012年10月31日(水)〜11月5日(月) 日本青年館大ホール
⇒詳しくは、宝塚歌劇団公演案内へ http://kageki.hankyu.co.jp/revue/295/index.shtml

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る