マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」
瀬奈じゅん、大澄賢也対談の全動画

2012年11月14日

 戦後の日本を彩る大スター越路吹雪さんの生涯を「ラストダンスは私に」「愛の讃歌」など数々のシャンソンの名曲とともに描く舞台「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」が11月16日の東京・かめありリリオホールを皮切りに、東京(日比谷シアタークリエ)、大阪ほか各地で上演されます。朝日新聞デジタルでは、越路吹雪役を演じる瀬奈じゅんさんと、夫の内藤法美さん、小林一三さんなどを演じる大澄賢也さんの2人にお話をうかがいました。インタビューを6つの動画に分けて掲載します。(フリージャーナリスト・中本千晶)

【無料記事はこちら】

〈瀬奈じゅんさんのプロフィール〉
1974年4月1日生まれ。東京都出身。3歳からクラシックバレエを始め、高校1年の時宝塚歌劇団への入団を決意。92年、「この恋は雲の涯まで」で初舞台をふむ。早い時期からその素質は注目され、05年、「JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS」で月組トップスターとなる。宝塚版「エリザベート」で、ルキーニ、エリザベート、トート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大な人気を集める。09年12月、「ラスト プレイ/Heat on Beat!」で宝塚歌劇団を退団。10年、女優としてのぞんだ「エリザベート」(演出:小池修一郎)そして「アンナ・カレーニナ」(鈴木裕美演出)で、瀬奈じゅんならではのタイトルロールを魅せる一方、コンサート「ALive」(10年)、「ALive II」(11年)ではエンターテイナーとしてのきらめきを存分に発揮。女優でありエンターテイナーである瀬奈の存在感を一層際立たせた。その後、「三銃士」「ニューヨークに行きたい!!」(共に演出:山田和也)に出演。12年「ビューティフル・サンデイ」において、ストレートプレイにも初挑戦し、瀬奈の新しい面を印象付ける。第3回岩谷時子賞 奨励賞、第37回菊田一夫演劇賞受賞。

(関連リンク:瀬奈じゅんオフィシャルウェブサイト) http://www.jun-sena.jp/index.html

〈大澄賢也さんのプロフィール〉
1965年10月26日生まれ。静岡県浜松市出身。持ち前のダンステクニックと歌唱力、紳士的な存在感を発揮して数々の舞台で活躍。03年、「SATURDAY NIGHT FEVER」の主役に抜擢され、「グランドホテル」(06年)、「TITANIC the musical」(07・09年)、「PIPPIN」(08年)、「ウエディング・シンガー」(08年・11年)、「Side Show」(10年・11年)、「風を結んで」(11年)などのミュージカルに出演。2008年・10年の日本版「CHICAGO」出演の際には振付助手も務め、09年10月「CHICAGO」アメリカンカンパニー来日公演に出演。近年は「ブラッド・ブラザーズ」「Side Show」「ニューヨークに行きたい!!」などで、振付家としても活躍。また、NHK教育テレビ「クインテット」では、シャープ君役で声の出演をするなど、その活躍の範囲は広くバラエティに富んでいる。

(関連リンク:大澄賢也公式サイト) http://www.god-phoenix.com/

◆「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」
《東京公演》2012年11月16日(金) かめありリリオホール
《長野公演》2012年11月20日(火) ホクト文化ホール 中ホール
《山梨公演》2012年11月23日(金・祝) 東京エレクトロン韮崎文化ホール BREEZE
《金沢公演》2012年11月27日(火) 北國新聞赤羽ホール
《東京公演》2012年12月4日(火)〜19日(水) 日比谷シアタークリエ
《名古屋公演》2012年12月22日(土) 中日劇場
《大阪公演》2012年12月29日(土)〜30日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
⇒詳しくは、「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」公式サイトへhttp://www.lastdance-koshiji.com/

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る