マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集再演「ディートリッヒ」主演
和央ようかインタビュー全文

2012年12月11日

 第二次世界大戦の最中、自分の道を信じて戦い続けた美貌の女優マレーネ・ディートリッヒ。その波乱の人生を描いた舞台「ディートリッヒ」が、2010年以来2年ぶりに再演されました。朝日新聞デジタルでは、主演の和央ようかさんに作品の見どころやディートリッヒという女性への思い、そして宝塚卒業後6年経った今についてのお話をうかがいました。(フリージャーナリスト・中本千晶) ※このインタビューは公演前に行ったものです。

【無料記事はこちら】

【「ディートリッヒ」公演評はこちら】

〈和央ようかさんプロフィール〉
1988年宝塚歌劇団入団。翌年ベルサイユのばら新人公演でオスカル役に抜擢。2000年宙組トップスターに就任、「ファントム」のファントム役を演じ、大絶賛を浴びる。同年「BOXMAN」で菊田一夫演劇賞優秀賞を受賞。「炎にくちづけを」では音楽賞を受賞。06年「NEVER SAY GOODBYE」で退団。退団後はミュージカル「CHICAGO」ヴェルマ・ケリー役、「ディートリッヒ 生きた愛した永遠に」マレーネ・ディートリッヒ役、「Dracula」ドラキュラ役を好演。また、映画「茶々−天涯の貴妃−」主演、ドラマ松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」に主演、12年5月には大阪・名古屋・東京の3大都市でLive tourを開催、16,000人を動員。6月には初の海外ライブをシンガポールのマリーナベイサンズで開催。10月〜11月に「ディートリッヒ」を再演、12月には蜷川幸雄演出「トロイアの女たち」に出演、12月下旬〜1月上旬のイスラエル公演を控えており、多方面にわたり活動の場を広げている。

◆「ディートリッヒ」
《東京公演》2012年10月29日(月)〜11月4日(日) 青山劇場
《大阪公演》2012年11月16日(金)〜18日(日) 森ノ宮ピロティホール
※公演は終了しています。

◆「トロイアの女たち」
《東京公演》2012年12月11日(火)〜20日(木) 東京芸術劇場 プレイハウス
⇒詳しくは、東京芸術劇場公演情報へ http://www.geigeki.jp/performance/theater008/

(関連リンク:和央ようかオフィシャルウェブサイト) http://www.yokawao.com/

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る