マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集「祈りと怪物」に出演
野々すみ花 インタビュー全文

2012年12月26日

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)vs蜷川幸雄の演出対決でも注目される舞台「祈りと怪物  〜ウィルヴィルの三姉妹〜」。現在上演中のKERAさん演出バージョンに続いて、年明け1〜2月には、蜷川さんが演出を手がけるバージョンが上演されます。朝日新聞デジタルでは、この蜷川バージョンに出演する元・宝塚宙組トップ娘役、野々すみ花さんに、舞台にかける思いや、宝塚を卒業してからの日々などのお話をうかがいました。(フリージャーナリスト・中本千晶)

【無料記事はこちら】

〈野々すみかさんプロフィール〉
宝塚歌劇団出身。05年花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台に立つ。同年花組に配属され、清楚な美しさと演技力で早くから注目を集め、07年『舞姫―MAIHIME―』以降、多くの公演にてヒロインを務める。09年に宙組へ異動、12年7月の退団まで娘役トップとして活躍した。近年の主な出演作は『銀ちゃんの恋―つかこうへい作「蒲田行進曲」より―』『誰がために鐘は鳴る』『カサブランカ』『美しき生涯―石田三成 永遠の愛と義―/ルナロッサ―夜に惑う旅人―』『華やかなりし日々/クライマックス』など。今作が退団後初の舞台出演となる。

◆「祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜」
◆KERAバージョン
《東京公演》2012年12月9日(日)〜30日(日) Bunkamura シアターコクーン
《大阪公演》2013年1月11日(金)〜14日(月・祝) イオン化粧品シアターBRAVA!

◆蜷川バージョン
《東京公演》2013年1月12日(土)〜2月3日(日) Bunkamura シアターコクーン
《大阪公演》2013年2月9日(土)〜17日(日) シアターBRAVA!
⇒詳しくは、Bunkamura「祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜」公式サイトへ http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/13_inorininagawa.html

(関連リンク:野々すみ花オフィシャルサイト) http://www.umegei.com/system/productions/detail/15

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る