マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【月刊タカラヅカ】ベルサイユのばら
定番継ぎつつ「らしさ」追求

2013年1月15日

 朝日新聞大阪本社発行の夕刊紙面に月1回掲載されている「月刊タカラヅカ」の記事を、2013年1月から、スターファイルにも掲載することになりました。スターファイル(月額315円)を購読いただいている方は全文を読むことができます。



 愛とロマンあふれる宝塚歌劇の代表作「ベルサイユのばら」が、7年ぶりに宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)の舞台で花開いた。歌劇団99周年の冒頭を飾って元日に開幕。これまでに426万人余りを酔わせた永遠の名作が、新たな歴史を刻んでいる。

 原作は池田理代子の漫画。革命に揺れる18世紀フランスを舞台に、王妃マリー・アントワネットとスウェーデン貴族フェルゼン、男装の麗人オスカルと乳兄弟のアンドレという2組の愛が展開する。

 「ベルばら」は一つではない。1974年の初演から2006年までの公演数は1763回に上るが、大きく「昭和」「平成」「21世紀」と呼ばれる3シリーズに分かれるほか、数多くのストーリーが存在する。「その時のスターの魅力が出るように毎回書き換えている」(脚本・演出の植田紳爾(しんじ))からだ。公演ごとにスポットが当たる人物も変わる。

 一方で、定番の場面や「愛あればこそ」などの名曲は毎回引き継がれる。「二枚目の型」を学ぼうと初演時の演出に招いた大スター、長谷川一夫と共に作り上げた独特の所作やせりふ回しも残る。いわば古典的な側面もある作品だ。

 ※この続きを含む全文は、写真下の見出し(サブ記事)からお読みいただけます。スターファイル(月額315円)購読申し込み【新規登録】

【フォトギャラリーはこちら】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ