マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)常にテンション高く、めげない凪七

2013年1月16日

写真:「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」より「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」より、ラリー・バッツ役の凪七瑠海=撮影・廣江修

 バッツ役の凪七さんは金髪をトサカのように立て、いつも黄色と赤が基本の洋服で、ド派手なおちゃらけキャラ。エッジワースと正反対のタイプで常にテンション高く、いくらうっとうしがられてもまったくめげません。ただのにぎやかしかと思えば、事件に関係する重要な証拠に絡むので、なかなかあなどれない存在です。

 ―その晩、エッジワースとバッツはナイトクラブを訪れるが、さっそくバッツはダンサーのアリソン・トレーザ(すみれ乃麗)に夢中になっていた。突然、店の奥で銃声が響き、駆けつけたエッジワースと刑事のタイレル・バッド(愛月ひかる)は、そこで店のオーナー、ジェイソン・ムーア(天風いぶき)の死体を発見する。現場から逃走したクラブのギター奏者アンディ・ルイス(風羽玲亜)が早々に逮捕されるが、アリソンだけが彼の無実を必死に訴えていた。その熱意にほだされたエッジワースは、彼女を弁護士事務所に連れていくのだが…。

 アリソンはフラメンコダンサーで、ギターに合わせて踊りを披露しますが、男前なダンスが魅力のすみれ乃さんには腕の見せ所です。1幕では、なんとなく過去を隠しているような、謎めいた雰囲気のままで、どんな風に事件にからんでくるのかが気になります。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る