マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)愛月、ちょっと風変わりな男を熱演

2013年1月16日

写真:「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」より「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」より、タイレル・バッド役の愛月ひかる=撮影・廣江修

 刑事役の愛月さんは、眼光鋭いやさぐれ刑事。見かけによらず丸い棒付きキャンディが好きで、マイ手鏡で自慢のひげをなでる、ナルシストのちょっと風変わりな男を熱演しています。

 ―エッジワースが訪れた事務所で出会ったのは、弁護士グレゴリー・エッジワース(蓮水ゆうや)とその恋人サラ・ミルブレット(伶美うらら)。グレゴリーは裁判での無敗記録を誇る敏腕弁護士だというが、話を聞くうちに、なんと尊敬していた亡き父であることに気づく。グレゴリーは被告の弁護を引き受け、エッジワースに証言台へ立つことを求めてきた。正義を追求する裁判長(寿つかさ)のもと証言台に立ち、憧れの父と同じ法廷にいることに感無量のエッジワース。だがグレゴリーは、とんでもないものを提示してきたのだった。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る