マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)情熱的な夢乃、大人っぽく大湖

2013年2月15日

写真:「ブラック・ジャック ―許されざる者への挽歌―」より「ブラック・ジャック ―許されざる者への挽歌―」より、バイロン侯爵役の夢乃聖夏(左)、カテリーナ役の大湖せしる(右)=撮影・廣江修

 ―ある日、ブラック・ジャックのもとに、バイロン侯爵と名乗る紳士が訪れた。事故にあって瀕死の状態にある恋人カテリーナを治療してほしいという。ブラック・ジャックは「自分の患者を置いて出かけられない」と断るが、バイロンは引き下がらず、ついには力ずくで連れ去られてしまう。

 バイロンの体の一部をカテリーナに移植して、手術は無事成功した。だが驚くことに、手術後すぐにブラック・ジャックの前に現れたバイロン。なぜそんなことが可能なのか…そこにはバイロン一族の想像もつかない秘密があった。

 バイロンの秘密の能力はカテリーナの命を救ったばかりか、のちにピノコをも助けることができた劇的なものでした。しかし恋する2人にとって、それは悲劇の始まりでもあったのです。互いを強く求めながら、運命に揺れるバイロンとカテリーナ。夢乃さんの情熱的な演技がまた感動に拍車をかけ、ドラマチックなラブストーリーは見ごたえ十分でした。夢乃さんは上品な貴族の役柄になっても、濃い持ち味が生きていて嬉しい! カテリーナ役の大湖さんも大人っぽい魅力で、元男役だと忘れさせてしまうほど美しい娘役さんになりました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

このページのトップに戻る