マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)ルキーニは男臭くなく、愛嬌を高めて

2013年3月18日

写真:ウィーン、ライムント劇場ウィーン、ライムント劇場前で=撮影・岩橋朝美

 そして、もうひとり、今回の公演で大きく印象が変わったのがルキーニ。クロッシュ・アバシ(Kurosch Abbasi)は人懐こい笑顔を生かして、歴代の男臭いルキーニに比べると愛嬌をかなり高めているのが特徴だ。その一方で、ルキーニの心に巣くう闇を随所で表現しているのが新しい。実は今回のウィーン再渡航を決意させたのは、彼のルキーニによるところがかなり大きい。シャウトも自在な抜群の歌唱力、客いじりのうまさなど、彼のエンターテイナーとしての才能に舌を巻いたのであるが、今回再見したところ、彼がルキーニの人生を見せることにも踏み込んでいることがわかり、ますます惹かれた。

 例えば、冒頭でトートがやってくるところで、ルキーニは帽子を脱ぎ、トートと目を合わせないように顔を覆う。そこには確実にトートへの抗しがたい畏怖があるが、同時にトートに向き合うときは挑むような態度をとる。そこには、自分を道具のように使うトートへの抵抗だけでない、シシィを愛する恋敵のような風情があるのだ。それをわかったうえで、トートもルキーニを力ずくで押さえつけるように歌うのも見ものだ。

 そうしてルキーニに注目して見てみると、バート・イシュルのお見合いのシーンでは、フランツに選ばれたシシィにその後に訪れる不幸を予見するような暗い表情を向けていたり、ハンガリー国王の戴冠式の場面では颯爽と歩くシシィに手を差し伸べたりスカートを踏もうとしたり、「憎しみ」のシーンでは反ユダヤ主義に傾く市民を冷静に見つめながらあおる振りをしたり、シシィへの愛憎乱れる思いとシシィと同時代を生きた彼の心の闇を随所に見て取ることができる。先にも述べたように、今までの歴代ルキーニと比較すると一見コミカルさや愛嬌がぐっと前に出ているだけに、時折見せる影の濃さにはっとさせられる。そして、暗殺に至るシーンにも日本版にはない解釈があるが、それは後述する。ルキーニの人生とはどういうものだったのか……と初めて考えさせられる魅力的で新しいルキーニ像なのだ。

 トート、ルキーニともに、シシィに「存在を認められた」ことで彼らの人生(トートに人生はないが)が大きく変化していくが、それはシシィに出会って一生涯の女神を得た皇帝フランツ・ヨーゼフも同じこと。演じるのはフランツィスクス・ハルテンシュタイン(Franziskus Hartenstein)で、彼もアンネマイケに呼応するように、前半は若さゆえの逡巡や恋心や背伸びなど、表情豊かに表現する。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ