マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)吉本百年物語の締めくくり公演、ぜひお越し下さい

2013年3月25日

インタビュー撮影・岸隆子

〈インタビューを終えて〉
 「アースマラソン」の話は、カメラが回っていないときも続いた。体全体を使って当時の経験を熱っぽく語る寛平さん。寛平さんからは、太陽の熱のようなエネルギーを感じた。それは、生きるか死ぬかの戦いを毎日体感してきた中で、つかみ取った「生きる力」のようなものに思えた。

 寛平さんが東北を訪問して感じられたことは、実際に現地に行かれたからこそ分かる感覚だ。私も東北に取材で何度も足を運んでいるので、寛平さんが感じられたことは皮膚感覚で共感できた部分が多かった。表面的なことではなく、疑問に感じられていることも含めて。

 「走っていると、いろんなことがわかります」と語る寛平さん。その言葉は、世界を自分の足で駆け巡ってきた寛平さんだからこその、重みがあった。「アースマラソン」の経験談は、寛平さんが取材場所を去る直前まで続いた。寛平さんは、もっともっと語りたがっているように見えた。(岩瀬春美)

◆吉本百年物語3月公演「百年感謝 これからもよろしく」
公演中〜4月7日(日) なんばグランド花月
⇒詳しくは、吉本百年物語公式サイトへ http://www.yoshimoto.co.jp/100th/monogatari/

《インタビュアープロフィール》岩瀬春美 福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。シアトルの日本語情報誌インターン、テクニカルライター等を経て、アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当。2012年1月よりフリーランスのライターとして活動。

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ