マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)フェロモンたっぷりの貴城と大和

2013年4月9日

写真:「DREAM LADIES」より「DREAM LADIES」より、ケイト役の貴城けい=撮影・廣江修

 かたや、男役に徹してきた反動が一気にやって来たかのような、貴城さんと大和さんのフェロモンたっぷりのお色気お姉さんもいい味を出しています。特に大和さんのグラマラスボディは、戸惑いそうなほど。セリフの声もすっかり女優らしくなりましたが、現役当時の歌では元の声に戻るのが憎いですね。

 1人ひとりが現役時代を思い出すように、主演した作品の曲を歌うシーンでは、一瞬タイムスリップした気分に。当時の映像をスクリーンで流しながら、その前で歌っている様子は時の流れを物語り、ファンの皆さんなら懐かしさと愛おしさで胸がいっぱいになるのではないでしょうか。

 ―4人の心に忘れかけていた熱い気持ちが蘇ってきた頃、かつて解散コンサートを行ったTRホールの副支配人フーカー(風花)から、一夜限りの「DREAM LADIES」復活コンサートを実現させたいと持ちかけられる。10年のブランクからなかなか踏み出せない4人の前に、「DREAM LADIES」のカバーソングを歌う「DRAMATIC LADIES」なるグループが現れた。彼女らは、TRホールに出演するのは自分たちだと挑発。突然のライバル出現に、4人の中の炎が燃え上がり…。

写真:「DREAM LADIES」より「DREAM LADIES」より、ターニア役の大和悠河=撮影・廣江修

 「DREAM LADIES」を解散し、それぞれの道へ歩みだした彼女たちが、ふとしたきっかけで思い出した懐かしい日々。華やかで輝いていた自分と、あの頃の熱い気持ちを呼び起こされ、もう一度立ち上がろうとする…とてもわかりやすくてストレートなのですが、それは平凡な毎日を送る私たちも一緒に勇気づけられそうなほど、熱くて力強いストーリーです。彼女たちを奮い立たせるちょっとした仕掛けや、スペシャルゲストも加わったハートフルな展開もほほえましくて、素直に楽しめました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ