マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)ダンサーの風花、星奈、桜乃にドキドキ

2013年4月9日

写真:「DREAM LADIES」より「DREAM LADIES」より、風花舞(写真左)、星奈優里(右)、桜乃彩音(中央)=撮影・廣江修

 2部は「DREAM LADIES」復活コンサートです。4人が現役時代に出演した作品の中から名曲が目白押し。しかしながら当時とはアレンジも振り付けも変えていて、懐かしいけどどれも新鮮なのがポイントです。ファンの皆さんなら、曲が流れるたびに「これが記念すべき初観劇」「この曲、大好きだった」「この公演は通ったわ〜」などなど、個人的な思い出も蘇るのではないでしょうか。

 なにせ、時代を超えたTCAスペシャルのような豪華さです。風花さん・星奈さん・桜乃さんというダンサーが3人そろって登場したことも、「DREAM LADIES」の4人がそろったことと同じくらいドキドキしてしまいました。星奈さんの優雅でしなやかな動きと、風花さんの美しいピルエットが再び見られたのは感激です。

 さらに、「ノバ・ボサ・ノバ」から「アマール・アマール」を真琴さん、貴城さん、大和さんが歌うのですが、「そうそう、マミちゃんは月組ソールで、かしげちゃんは雪組ボールソで、タニちゃんは月組ルーア神父で、新人公演ではマールをやったよね」などと咄嗟に思い出せたら、かなりのヅカマニアかもしれません。そんな面白さや、真琴さんが持ち歌ともいえる「情熱の翼」を披露する際、相手役だった風花さんも登場し、トップコンビ再びの図で感激させられたり、初日のゲスト麻路さきさんが「ジュビレーション!」を歌うバックに、当時まだ下級生だった星奈さんと湖月さんがポンポンを持って参加するなど、ファンが喜ぶ細かいツボがいくつも用意されていたのも心憎い演出でした。

 初風さんや夢輝さんの美声を聞くとやっぱり、「ああ、もっと長く在団してほしかった」と切なくなったり、桐生さんと彩海早矢さんのシャープなダンスに「相変わらずカッコイイー!」とトキめいたり、南海まりさんや望月理世さん、花影アリスさんや大月さゆさんら、退団が惜しまれたスターたちもたくさんいて、あちらこちらに目を引かれ、忙しいほどでした。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ