マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)霧矢:中央(ヒギンズ役)ですかと言われ(笑)

2013年4月19日

写真:霧矢大夢撮影・岩村美佳

――お稽古も徐々に進んでいると思いますが、お二方それぞれ貴婦人にはなられましたでしょうか? まずそのあたりの実感から。

霧矢:私はまだ全然です(笑)。現段階は本読みを厳密にやっていて、やっと1場面2場面、立ち稽古がついたかなというところですが、私はまだそこまで、自分とイライザが歩み寄っている実感は、まったくございません!

――記者会見のときは、どうしてもイライザよりヒギンズ教授に目がいってしまうという話でしたが?

真飛:その話はよくしますよね(笑)

霧矢:チラシの写真をご覧になったファンの方からもよく、「真ん中が霧矢さんかと思った」と言われたり(笑)。私自身も最初にお話をうかがったときに、まず自分がイライザということが想像できなくて、非常にびっくりしたという記憶が…はい、真飛さんはどうですか?

真飛:急に振りますねえ(笑)。わたくしはですね、まだ貴婦人というか、レディに変わっていくところは、最初の段階しかお稽古していないので、どうなるかはわからないのですが…。

――そうなんですか。

真飛:私も、「女子」にはだいぶなれてきたと思うものの(笑)、男役を長くやってきて、女性として舞台に立った経験はあまりないので、そういった意味でのとまどいはあります。私の中での「これ」という光をまだ探している段階なんですけど、でも、霧矢さんを見て「ああ、そういうやり方もあるのか」というのがわかるので、道は早く見つかりそうな気はします。

――あの、素朴な疑問なのですが、ダブルキャストのとき、お稽古はどうやってやるんですか?

真飛:こうやって重なって、くっついてやっているんです(笑)

霧矢:演出家のG2さんとも初めてお仕事をするので、お稽古の進め方なども全然わからないのですが、単純に交代ですね。私が1回やって、彼女が1回やって…と、交代してやらせていただく感じです。

真飛:そうですね。

――そうすると、それぞれの場面は2回ずつやる、みたいな?

霧矢:そうですね、だから他の出演者の方は…。

真飛:振り返ったら違うイライザになっている、とか(笑)

――お2人は、お互いのイライザが見られるんでしょうか? お互いがお互いを見て、どんな感じですか?

2人:まだ相手を見る余裕はないです!

真飛:イライザを見るというよりは、イライザがいることによって周りはどういう風に動くのかを見ていたり、「じゃあ、自分はこういう風にいくのがいいのかな」ということを想像しながら見ていたりします。

霧矢:なんだか不思議なんですよね。これを自分もやるとわかってはいるんですけど、何だろう? 作品的にもとても素敵で楽しいので、ハッと気がついたら普通に観客みたいに見ていたりして、「あ、ダメダメダメ!」と(笑)

真飛:なんだか、ボーッと…っていうわけでもないんですけど、普通に見ちゃうんですよね(笑)

霧矢:寺脇(康文)さん(ヒギンズ教授役)や田山(涼成)さん(ピッカリング大佐役)といったベテランの俳優の方々は、すでに息づいてらっしゃるので、それを普通に楽しんで観ている自分たちがいます(笑)

――なかなかそういうことはないですよね。ダブルキャストならではですね。

霧矢:それはまだ、追いつめられてないからだと思います(笑)。お稽古がまだ最初の段階ですから。中日も過ぎたらきっとそれどころじゃなくなる。

真飛:そうそう。そうだと思う。

霧矢:G2さんが、わりと放任主義じゃない? まだ何も段取りを決められていないのに「じゃあ、まずちょっと1回やってみてくれる?」という感じで進められるんですね。だから、どうしていいかわからないけれど「とにかくやらなきゃ!」みたいな必死感もあって、「真飛がどう」とか、そこまでの余裕はないね? まだ。

――今回、ミュージカル「COCO」などの演出を手がけられたG2さんが演出を担当されるということで「どうなるんだろう?」と楽しみなんですけど、これまでの「マイ・フェア・レディ」に比べた特徴はありますか?

霧矢:お恥ずかしながら資料映像でしか拝見していないので、明確にこう変わったとは言いづらいんですけど、でも変わっているんですよね。まず、翻訳が違うので、せりふや歌詞が違う。過去にこの作品をご覧になられた方は、「変わったな」という感じはあると思います。キャスティングも今回一新されましたし、振りも全部変わっていますし。

真飛:なんだか、全然違うもののような気がしているんですけど。

霧矢:…しているけど、お衣裳やセットなどは、あの「マイ・フェア・レディ」のイメージのまま。作品自体のイメージは大きく変わるわけではなく、時代も忠実に再現されているのではないでしょうか。でも、場面転換などは少しスピーディーになっていますね。

――そうですか。

霧矢:「暗転が嫌いだ」っておっしゃってたので(笑)、前よりはトントントンッと進んでいく感じはあるかもしれないですね。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ