マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【月刊タカラヅカ】星組台湾公演
柚希礼音、北京語で恋心

2013年4月22日

 おおおおおー。星組のトップスター柚希(ゆずき)礼音(れおん)が歌い出すと、客席から地鳴りのように歓声がわきおこった。それは北京語の歌。初の台湾公演(6〜14日)を台北国家戯劇院で開いた宝塚は、地元の人たちのハートをぎゅっとつかんだ。

 3本立てのおしまいのレビュー「エトワール・ド・タカラヅカ」のハイライト。柚希が披露したのは亡きテレサ・テンが歌った名曲「月亮代表我的心(月は我が心)」だ。「あなたをどれほど深く愛していることか」と恋心を北京語でしっとり歌いあげると、地元のファンも「きれいな発音」と驚いた。

 「発音が難しくて、覚えたと思っても翌日には忘れている。発音を直しながら、1カ月かかって仕上げました」。公演の初日、地元メディアを交えての会見で柚希は苦心の練習ぶりを明かした。

【フォトギャラリーはこちら】

【写真】「怪盗楚留香外伝―花盗人」の柚希礼音(左)と夢咲ねね=6日、台北市、竹花徹朗撮影

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ