マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【トピックス】霧矢と真飛、修正点をシェアしあい…
「マイ・フェア・レディ」稽古場より

2013年4月30日
写真

 5月5日に東京・日生劇場で初日を迎える「マイ・フェア・レディ」の稽古場メディア撮影会が行われた。(フリーライター・岩村美佳)

 日本初演50周年にあたり、新しいキャスト、演出家で上演される「マイ・フェア・レディ」。イライザは、ともに元宝塚歌劇団トップスターで女優の、霧矢大夢と真飛聖のダブルキャスト。この日は、イライザが正しい発音を学びたいと、ヒギンズ教授(寺脇康文)の元を訪れる場面が公開された。霧矢、真飛、寺脇のほか、ピッカリング大佐役の田山涼成、ピアス夫人役の寿ひずるらが登場する場面だ。

 まずは霧矢イライザから稽古が始まり、演出のG2が確認と修正を行う。続いて真飛イライザで同じ場面を繰り返す。どちらかが演じ終える度に、霧矢と真飛が修正点などをシェアしあう姿が印象的だった。ひとつの場面でも表現の仕方にそれぞれの異なる個性が光る。全く違うイライザが生まれることを予感させる稽古場だった。

【フォトギャラリーはこちら】

【「マイ・フェア・レディ」制作発表の記事はこちら】

【霧矢大夢・真飛聖インタビューの記事はこちら】

◆「マイ・フェア・レディ」
《東京公演》2013年5月5日(日)〜28日(火) 日生劇場
《金沢公演》2013年6月7日(金) 金沢歌劇座
《福岡公演》2013年6月11日(火)〜12日(水) キャナルシティ劇場
《名古屋公演》2013年6月15日(土)〜16日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
《大阪公演》2013年6月21日(金)〜23日(日) オリックス劇場
⇒詳しくは、「マイ・フェア・レディ」公式サイトへ http://www.tohostage.com/myfairlady/index.html

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ