マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【公演動画】+公演評+インタビュー
井上芳雄が熱演、「沖田総司」を見る

2013年5月8日

朗読活劇レチタ・カルダ「沖田総司」公演より=動画撮影・伊藤華織 ※東京公演のライブ映像を収録した公演動画のダイジェスト版(約3分間)を無料で見られるようにしました。有料ページには名場面を美しい映像と音で収録した7本の公演動画(計約30分間)を掲載しています。

 井上芳雄による「朗読活劇Recita Calda(レチタ・カルダ)『沖田総司』」が、4月13日に東京・浅草の東本願寺で上演された。井上の語りは、本堂をステージとした野外劇場で、スパニッシュコネクションの音楽とともに、沖田総司の生涯を浮かびあがらせた。スターファイルでは公演全体を動画で撮影するとともに、公演終了直後に井上にインタビューをした。(フリーライター・岩村美佳)

 日が暮れ始めた頃、本堂がライトアップされ、その夜限りの舞台が始まった。歴史的にも有名な池田屋事件の場面、日本刀を手にした沖田(井上)が駆け下りてくる。その瞬間、膝をついて吐血。土方と沖田の声が静かに響き、物語が紡がれて行く。「初めて手にした」という日本刀を手に、黒の衣装に身を包んだ井上は、沖田の静と動を巧みに表現。特に沖田の優しく温かな面が印象に残る。

 多くの役を演じてきた井上だが、圧倒的に多く演じたのは外国人役。だから沖田や新選組のことはよく知らなかったそうだ。「でも、人々を魅了する要素をたくさん持っている人だなと思いました。美少年で、短命で、天才剣士で、性格も無邪気で明るい。さらに病気のせいで色んな物を抱えてしまって、すごく人としての魅力のある人だなと」。沖田のイメージに合うと思われた井上。そのことについては、「確かにルドルフとか、ああいう感じのイメージですね。国は違えど描かれている人物像はそう変わらない。普遍的なというか人々が興味を惹き付けられるものがある人ですよね。やはり最後に成し得なかったことがミソなのかなという気がしますね」と話す。

 井上は野外で行われる舞台が新鮮で、劇場との違いを楽しんでいた。「ある意味真逆の、何が起こるかわからないというところでやるというのが面白いなと思いました。暗くなる感じや、自然の音や寒さなど、外だからこその要素を感じて。物語だけでなく、それらがプラスされるから見ていて面白いのだろうと、実際にやってみて思いました。ものすごく緊張もしましたが、楽しかったですね」と、初めての体験を語る。

 レチタ・カルダでは登場人物を演じ分けるのも見どころのひとつ。語りのなかに新選組の魅力的な人物が次々と現れる。井上は登場人物を演じ分けることについて、「これは小説を読んでいるような感じなので、こういう人の役だとわかる程度に演じ分けた方がいいんだろうなと思いました。稽古を進めていくと、入り込まない良さみたいなものを感じたんですよ。稽古当初は、地の文は一定のテンポで、役のセリフの部分はリアルなテンポでと思ったんですけれど、やりにくくて。切り替えが大変なことと、マジックのように違う人を演じることを求められている舞台ではないような気がしたんです。朗読劇だし、しっかり言葉を伝えることの方がメインかなと。さらに湧き出てくるものは、舞台の上で勝手に出てくるんじゃないかと思っていました」

 沖田が、脱走した山南敬助を追う場面も有名だが、沖田とともに山南を演じるこの場面が素晴らしかった。山南も井上に合う役だからだろう。井上は「自分が共感している役が良くなるのかもしれないですね。土方さんや芹沢さんなどの豪傑系はあまりわからないのですが、自分にはそういう要素があまりないからかなと。多分、山南さんタイプなんじゃないかと思うんです」と話した。

 6月1日には、京都の金戒光明寺でも上演される。ここは京都守護職会津藩の本陣となった場所で、「新選組」が結成されたとも言われる、縁が深い場所だ。井上は「縁があれば人はより心を動かされるのかもしれないですね。何かしら感じるんじゃないかなという期待はあります」という。「今日が今までで一番うまく出来ました。やっぱりお客様がいらっしゃるというのは違いますよね。京都は1カ月半以上先なので、むしろ再演ぐらいの気持ちで取り組もうと思っています。もう一度向き合ったときに、きっと新しい解釈などがあるだろうと思うんですよ」と更なる進化に期待を寄せた。

〈井上芳雄さんプロフィール〉
1979年7月6日生まれ 福岡県出身 身長 181cm 東京藝術大学音楽学部声楽科 卒業
2000年に、ミュージカル「エリザベート」のルドルフ役で鮮烈なデビューを飾る。以降、その高い歌唱力と存在感で数々のミュージカルや舞台に出演。役者以外にもソロコンサートやディナーショーなどの歌手活動も積極的に行っている。近年ではストレートプレイや映像等に出演。演技者としての幅も広げ、俳優として高い評価を得ている。
2006年 第13回読売演劇大賞 杉村春子賞 受賞
2008年 第33回菊田一夫演劇賞 菊田一夫演劇賞 受賞
2011年 第20回日本映画批評家大賞 舞台ミュージカル大賞(西條笑児賞) 受賞
2013年 第20回読売演劇大賞 優秀男優賞 第63回芸術選奨新人賞演劇部門 受賞

【フォトギャラリーはこちら】

【朗読活劇レチタ・カルダのトピックス記事はこちら】

◆「朗読活劇Recita Calda(レチタ・カルダ)『沖田総司』」
《東京公演》2013年4月13日(土) 東本願寺
※公演は終了しています
《京都公演》2013年6月1日(土) 金戒光明寺
⇒詳しくは、キョードー大阪のページへ http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E011076-1.html

(関連リンク:井上芳雄オフィシャルサイト) http://www.grand-arts.com/yi/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ