マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)名場面・名曲ぞろい、「月組の財産」

2013年5月16日

写真:「ME AND MY GIRL」より「ME AND MY GIRL」より、ビル役の龍真咲(写真中央)ら=撮影・廣江修

 1937年にロンドンで初演、ブロードウェイでも上演された「ME AND MY GIRL」が、宝塚で初上演されたのは1987年のこと。剣幸・こだま愛のトップコンビから始まり、天海祐希と麻乃佳世、久世星佳と風花舞、瀬奈じゅんと彩乃かなみ、霧矢大夢と羽桜しずくと再演が続き、花組の真飛聖と桜乃彩音以外、6回中5回が月組での公演でした。このため、いまや堂々たる宝塚の代表作ではありますが、同時に「月組の財産」とも言われているのだそう。その言葉通り、7度目の今回も龍さん率いる月組で、選抜メンバー40人によって上演されることとなりました。

 「あの場面がまた観られる!」「あの曲では客席も一緒に盛り上がれるかな?」。名場面、名曲ぞろいで有名なだけに、お客様の期待も一層高まりますが、全力で取り組む龍さんと愛希さんは見事、その期待に応えています。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ